ミラノ発 〓 音楽監督のリッカルド・シャイーが反論、ウクライナ領事のスカラ座《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め要請に

2022/11/16

スカラ座の音楽監督を務めるリッカルド・シャイーがウクライナの在ミラノ領事からの《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め要請に対して拒否する姿勢を鮮明にした。有力紙「コリエーレ・デラ・セラ」の取材に対して、「私たちはウクライナと共に紛争の終結を待っていますが、政治とその結果が文化に強制力を与えることはできません」と述べている。

要請は先週、スカラ座のドミニク・マイヤー総裁はじめ、ミラノのジュゼッペ・サラ市長とロンバルディア州のアッティリオ・フォンタナ知事に送られたもの。上演がイタリアのウクライナ社会に大きな失望と後悔をもたらしたとした上で、要請理由をロシアによるいかなるプロパガンダの要素も許さないためとしている。

シャイーは取材に対し、ロシアのウクライナの武力侵攻が始まった4月、スカラ座でロッシーニの《スターバト・マーテル》を演奏したことを振り返り、「100人の音楽家と国際的なキャストで、ウクライナ防衛のための劇場参加を表明するために舞台に立ちました。それは戦争に対するミラノ人の痛みの叫びだった」と指摘した。

上演する《ボリス・ゴドノフ》については、「権力に到達するために犯した殺人の代償を、まず狂気で、そして死で支払うことになる人物を描いた作品。カスパー・ホルテンの興味深い演出によるこのオペラを観れば、プーチンのプロパガンダがないことに気づくだろう」。

シャイーはまた、1月にチャイコフスキー、その後、プロコフィエフの没後70周年記念コンサートを行うことを明らかにし、「芸術に対する客観性が欠けている。狂気と皇帝の死で終わる名作をカットすることは、文化にペナルティを課すことになる。2月24日以来起きている大混乱の代償を、芸術が払ってはならないのです」と言葉を結んでいる。

Teatro alla Scala / Marco Brescia & Rudy Amisano


関連記事

  1. ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの新しいクラリネット奏者はともにスロベニア出身で同門という二人

  3. ルクセンブルク発 〓 指揮者のグスターボ・ヒメノがルクセンブルク・フィルとの契約を延長

  4. チューリッヒ発 〓 世界的な「ロシア・ボイコット」の広がりで、ロシア・ナショナル響のスイス・ツアーは中止に

  5. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  6. マチェラータ発 〓 マチェラータ音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  7. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  8. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールは開催へ

  9. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  10. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー, オーストリアのテノール歌手

  11. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  12. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  13. ワシントン発 〓 ヨーヨー・マがロシア大使館前の歩道で独り演奏、ウクライナ侵略に抗議

  14. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  15. 東京発 〓 ドミンゴとカレーラスが来年1月、日本で「三大テノール」偲んで「パヴァロッティに捧げるコンサート」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。