東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

2021/10/05

9月27日から東京で行われていた第19回「東京国際音楽コンクール」で、ブラジルのジョゼ・ソアーレス(José Soares)が優勝、併せて聴衆賞も受賞した。第2位はフランスのサミー・ラシッド(Samy Rachid)、第3位にはバーティー・ベイジェント(Bertie Baigent)が入賞し、特別賞・齋藤秀雄賞とオーケストラの団員が投票するオーケストラ賞を受賞した。

コンクールは1966年の創設。広く有能な音楽家の発掘、育成に努め、世界の楽壇への活躍を力強く推進すると共に、世界各国との音楽文化交流の推進・発展を目的にしており、創設時は指揮、声楽、室内楽の3部門が置かれたが、現在は3年に一度、指揮部門が行われている。

今回は49の国・地域から過去最多の331名が応募。8ヵ国の14名が書類・ビデオ選考による事前審査を通過し(うち2名が棄権)、9月27日と28日に行われた第一次予選、29日と30日の第二次予選を勝ち抜いた4名が課題曲と自由曲で、新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮した。

今回の審査委員長は1970年の第2回のコンクールで第2位となった尾高忠明が務め、シャーン・エドワーズ、広上淳一、オッコ・カム、ライナー・キュッヒル、準・メルクル、ユベール・スダーン、高関健、梅田俊明が審査員を務めた。

優勝したソアーレスは23歳で、現在はサンパウロ大学で作曲も学び、マリン・オルソップ、アレクサンダー・リープライヒ、クラウディオ・クルス等に指揮を師事。2019年のエストニア・パルヌ音楽祭ではパーヴォ・ヤルヴィにも学んでいる。

10写真:Tokyo International Music Competition for Conducting


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  2. クリーヴランド発 〓 クリーヴランド管が3月から6月にかけての公演をキャンセル

  3. ベルリン発 〓 バレンボイムが19日に現場復帰

  4. ワシントン発 〓 ケネディー・センターが人気ミュージカル「ハミルトン」の上演を断念

  5. ライプツィヒ発 〓 ピアニストのアンドラーシュ・シフに2022年の「バッハ・メダル」

  6. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはブラッドフォードで開催

  7. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  8. 訃報 〓 ウド・ツィンマーマン(78)作曲家

  9. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールは開催へ

  11. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  12. サンクト・ペテルブルク発 〓 ネトレプコ、「白夜の星音楽祭」に出演

  13. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  14. ハンブルク発 〓 ブロムシュテットが当面の活動を休止、また転倒で怪我

  15. 訃報 〓 バリー・タックウェル(88)オーストラリアのホルン奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。