東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

2021/10/05

9月27日から東京で行われていた第19回「東京国際音楽コンクール」で、ブラジルのジョゼ・ソアーレス(José Soares)が優勝、併せて聴衆賞も受賞した。第2位はフランスのサミー・ラシッド(Samy Rachid)、第3位にはバーティー・ベイジェント(Bertie Baigent)が入賞し、特別賞・齋藤秀雄賞とオーケストラの団員が投票するオーケストラ賞を受賞した。

コンクールは1966年の創設。広く有能な音楽家の発掘、育成に努め、世界の楽壇への活躍を力強く推進すると共に、世界各国との音楽文化交流の推進・発展を目的にしており、創設時は指揮、声楽、室内楽の3部門が置かれたが、現在は3年に一度、指揮部門が行われている。

今回は49の国・地域から過去最多の331名が応募。8ヵ国の14名が書類・ビデオ選考による事前審査を通過し(うち2名が棄権)、9月27日と28日に行われた第一次予選、29日と30日の第二次予選を勝ち抜いた4名が課題曲と自由曲で、新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮した。

今回の審査委員長は1970年の第2回のコンクールで第2位となった尾高忠明が務め、シャーン・エドワーズ、広上淳一、オッコ・カム、ライナー・キュッヒル、準・メルクル、ユベール・スダーン、高関健、梅田俊明が審査員を務めた。

優勝したソアーレスは23歳で、現在はサンパウロ大学で作曲も学び、マリン・オルソップ、アレクサンダー・リープライヒ、クラウディオ・クルス等に指揮を師事。2019年のエストニア・パルヌ音楽祭ではパーヴォ・ヤルヴィにも学んでいる。

10写真:Tokyo International Music Competition for Conducting


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  2. ミラノ発 〓 スカラ座がシーズン開幕ガラ・コンサートのプログラムを発表

  3. モスクワ発 〓 プーチン大統領がゲルギエフに対し、ボリショイ、マリインスキーの両方を統括するポストを打診

  4. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが届かない舞台装置を急きょ自作、2021/2022シーズンは予定通りの開幕

  5. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 2022年12月をもって、ポール・ダニエルがスペインのガリシア王立フィルの芸術監督を退任

  6. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の総支配人らモスクワの芸術家がプーチン大統領に「ウクライナでの特殊作戦」停止を求める請願書を提出

  7. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  9. 訃報 〓 シルヴァーノ・ブッソッティ, イタリアの作曲家

  10. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場の古楽オーケストラ「シンティラ管」の芸術監督にリッカルド・ミナーシ

  11. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  12. モントルー発 〓 ローザンヌ国際バレエ・コンクールの第1位にイタリアのマルコ・マシャーリ

  13. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日、新制作の《皇帝ティートの慈悲》で再開場へ

  14. コペンハーゲン発 〓 デンマーク王立オペラの首席指揮者にフランスの若手マリー・ジャコー

  15. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。