ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭が2023年の音楽祭の概要を発表

2022/09/01

オーストリアのブレゲンツ音楽祭(Bregenzer Festspiele)が2023年の音楽祭の概要を発表した。湖上ステージで上演されるのは2022年に引き続いて、アンドレアス・ホモキ演出のプッチーニ《蝶々夫人》。

発表によると、2023年の音楽祭は7月19日から8月20日という日程で、湖畔の祝祭劇場ではヴェルディの《エルナーニ》を上演する。

音楽祭は1946年の創設。湖上ステージに巨大なセットが組まれ、2年ごとに作品を変えてオペラ上演が行われており、2024年と2025年はフィリップ・シュテルツルが新演出を手掛けるウェーバー《魔弾の射手》と発表されている。

レジデント・オーケストラはウィーン交響楽団で、2022年からエンリケ・マッツォーラが音楽祭のレジデント指揮者に就任している。2022年の来場者は約13万人。

写真:Bregenzer Festspiele


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  2. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. 東京発 〓 ラ・フォル・ジュルネTokyo、2022年は開催中止。今後の開催見送りを発表

  4. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  5. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ, ロシアのバス歌手

  6. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  7. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  9. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 音楽祭の開催を断念、新型コロナウイルスの感染拡大で

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  12. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が《トリスタンとイゾルデ》の27日の公演をライブ・ストリーミング

  14. ウィーン発 〓 2022年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はバレンボイム

  15. リガ・ユールマラ音楽祭 〓 ネルソンズがバイロイト祝祭管弦楽団を率いて登場、シカゴ交響楽団の代役で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。