ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/16

ウィーンのフォルクスオーパー(Volksoper Wien)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は以下の通りで、コンヴィチュニー演出の《ボリス・ゴドノフ》、マクヴィカーの《ベニスに死す》というシリアスな演目も取り上げられる。

また、1904年から1910年にかけて劇場の指揮者として活動していたこともある作曲家ツェムリンスキーの生誕150周年、没後80周年を記念して、オペレッタ《馬子にも衣装》がコンサート形式で上演される。

フォルクスオーパーは2022/2023シーズンから、オランダの女流演出家ロッテ・デ・ベア(Lotte de Beer)が総監督に就任、オメール・メイア・ヴェルバー(Omer Meir Wellber)を音楽監督に迎えて、体制が一新されることが決まっている。

9月10日 – 10月23日
アブラハム《ロクシーとその奇跡のチーム》
[演出]アンドレアス・ガーゲン

10月31日 – 11月23日
リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》
[出演]ジャクリーン・ワグナー / シュテファン・チェルニー / Emma Sventelius / ギュンター・ハウマー / ローレン・アルクハート
[指揮]ハンス・グラーフ
[演出]ヨーゼフ・エルンスト・ケップリンガー

20221月15日 – 2月5日
ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》
[出演]アルベルト・ペーゼンドルファー / Ghazal Kazemi / エリザベート・シュヴァルツ / アネリー・ペーボ / カルステン・ズュス / モルテン・フランク・ラルセン
[指揮]ヤク・ファン・ステーン
[演出]ペーター・コンヴィチュニー

3月27日 – 4月9日
ツェムリンスキー《馬子にも衣装》 ※コンサート形式
[出演]ベルンハルト・ ベルヒトルト / ニコラウス・ハーグ / アレクサンダー・ピンデラク / ミヒャエル・ハヴリチェク / マルクス・マルカルト / クリスティアーネ・ カイザー  / マーティン・ウィンクラー / アンドレアス・ミチュケ / スーリエ・ジラルディ / カルステン・ズュス / ギュンター・ハウマー
[指揮]アルフレート・エシュヴェ

4月9日 – 24日
トッド・マコーヴァー《ハリウッドのシェーンベルク》
[出演]マルコ・ディ・サピア / クリスティアン・グラーフ / ローレン・アルクハート / ジェフリー・トレガンツァ
[指揮]ゲーリット・ プリースニッツ
[演出]ヘレン・マコウスキー

5月14日 – 31日
ブリテン《ベニスに死す》
[出演]ライナー・トロスト / マーティン・ウィンクラー / トーマス・リヒテネッカー
[指揮]ゲーリット・ プリースニッツ
[演出]デイヴィッド・マクヴィカー

写真:Volksoper Wien


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  2. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  3. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  4. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  5. ローマ発 〓 アントニオ・パッパーノがサンタ・チェチーリア国立アカデミー管の首席指揮者を退任

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表

  7. ブカレスト発 〓 ブカレスト国立オペラの芸術監督にイスラエルの指揮者エイタン・シュマイザー

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  9. 訃報 〓 ファニー・ウォーターマン, 英国のピアニスト / リーズ国際ピアノ・コンクールの創設者

  10. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ, オーストリアの合唱指揮者

  11. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  12. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  13. クリーヴランド発 〓 クリーヴランド管が3月から6月にかけての公演をキャンセル

  14. 訃報 〓 アンソニー・ペイン, 英国の作曲家

  15. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。