ウィーン発 〓 グルベローヴァの遺品がオンライン・オークションに

2022/09/03
【最終更新日】2022/09/07

昨年亡くなった世界的なソプラノ歌手、エディタ・グルベローヴァ(Edita Gruberová)の遺品がオークションにかけられることになった。ウィーンを拠点とする「ドロテウム」が開催するオークションに出品され、現地時間の9月7日からオンラインで行われる。

オークションに出品されるのは、楽譜や写真、サイン、絵画の他、数々の舞台衣装や公演の時だけ身に着けていた珍しいネックレスといった服飾品など遺品のほとんどが出品されるという。

グルベローヴァは楽譜や絵画の熱心なコレクターで、得意としたリヒャルト・シュトラウスゆかりの楽譜、また、絵画では自身がモデルを務めたこともあるウィーン幻想的リアリズム派の創始者の画家エルンスト・フックスの作品が含まれるという。

グルベローヴァは1946年、かつてのチェコスロバキア(現在はスロバキア)のブラチスラヴァ生まれ。地元の音楽院で学んだ後、プラハ、ウィーンで声楽を学び、1968年にブラチスラヴァ歌劇場でオペラ・デビュー。1970年にはウィーン国立歌劇場と契約を結んで国際舞台での活躍をスタートさせた。

その後、圧倒的な美声と驚異的な技巧を兼備したコロラトゥーラ・ソプラノとして、当代を代表する歌手の一人として活躍を続けた。特にイタリアのベルカント・オペラを得意とし、「ベルカントの女王」とも呼ばれた。昨年10月18日、スイス・チューリッヒの自宅で転倒事故により74歳で亡くなったが、直前まで活動を続けており、ほぼ生涯現役だった。

写真:ORF / Ali Schafler


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  2. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバル開催決定

  3. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  4. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  5. 訃報 〓 ペーター・シュライアー(84)ドイツのテノール歌手

  6. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  7. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭がストリーミング配信のための有料プラットホーム起ち上げ、名付けて「グラインドボーン・アンコール」

  8. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が芸術監督のマルクス・ヒンターホイザーとの契約を延長

  9. エッセン発 〓 エッセン州がアールト音楽劇場の専属歌手三人に「宮廷歌手」の称号

  10. アントワープ発 〓 アントワープ響の首席指揮者エリム・チャンが2023/2024シーズンをもって退任

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが12日まで公演をキャンセル、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  12. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  13. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  14. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  15. ミラノ発 〓 スカラ座のコンサート、ハーディングの代役になんと、バレンボイム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。