ウィーン発 〓 国立歌劇場が《アドリアーナ・ルクヴルール》の公演をストリーミング配信

2021/10/23

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)がチレア《アドリアーナ・ルクヴルール》の公演をストリーミング配信すると発表した。配信が行われるのは日本時間30日午前2時から、国立歌劇場のホームページで行われる。

公演はデイヴィッド・マクヴィカーの演出で2017年から上演されているプロダクション。今回の上演は10月22日から11月5日まで6回の公演が予定されている。指揮はアッシャー・フィッシュ。

歌手陣は主人公アドリアーナ・ルクヴルールにエルモネラ・ヤオ、マウリツィオにブライアン・ジャッジ、ブイヨン公妃デビューとなるエリーナ・ガランチャが起用されている。

写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 イェルク・デームス(90)オーストリアのピアニスト

  2. ウィーン発 〓 指揮者のティーレマンが国立歌劇場の名誉団員に

  3. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  4. 訃報 〓 ミヒャエル・ハンペ(87)ドイツの演出家

  5. ハノーファー発 〓 州立劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、第2カペルマイスターの熊倉優が新制作の2作品を指揮

  6. 訃報 〓 オシアン・グウィン・エリス(92)英国のハーピスト

  7. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響の首席指揮者にマティアス・ピンチャー

  8. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  9. カルロヴィ・ヴァリ発 〓 市議会が地元オーケストラの楽団長を突如解任、それを受けて首席指揮者が抗議の辞任、楽団員は解任撤回の署名集めをスタート

  10. オーフス発 〓 デンマークのオーフス響首席指揮者にベラルーシの俊英ドミトリー・マトヴィエンコ

  11. 訃報 〓 イヴォ・マレク(94)フランスの作曲家

  12. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  14. 訃報 〓 セルゲイ・スロニムスキー(88)ロシアの作曲家

  15. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラ、本拠地をロンドンからマンチェスターに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。