ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

2020/04/03

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)がストリーミング配信の新たなラインナップを発表した。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けた国立歌劇場の閉鎖期間は今後も随時延長される予定。

……… 4月

3日:モーツァルト《フィガロの結婚》=2014
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演出:ジャン=ルイ・マルティノティ


4日:マスネー《シンデレラ》=2018
指揮:ヴィトルフ・ヴェルナー
演出:ビルギット・カイトナ


4日:プッチーニ《ラ・ボエーム》=2016
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演出:フランコ・ゼフィレッリ


5日:リヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》=2020
指揮:セミヨン・ビシュコフ
演出:ウヴェ・エリック・ラウフェンベルク


6日:ブリテン《夏の夜の夢》=2019
指揮:シモーネ・ヤング
演出:イリーナ・ブルック


7日:ヤナーチェク《利口な女狐の物語》=2016
指揮:トマーシュ・ネトピル
演出:オットー・シェンク


8日:ヘンデル《アリオダンテ》=2018
指揮:ウィリアム・クリスティ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー


9日:ワーグナー《パルジファル》=2015
指揮:アダム・フィッシャー
演出:クリスティーネ・ミーリッツ


11日:ワーグナー《妖精》=2012
指揮:キャスリーン・ケリー
演出:Waut Koeken


12日:ワーグナー《パルジファル》=2017
指揮:セミヨン・ビシュコフ
演出:アルビス・ ヘルマニス


13日:リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》=1994
指揮:カルロス・クライバー
演出:オットー・シェンク


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 国立オペラのリスナー総裁が新制作のキャンセルに言及、長引くストライキの影響で

  2. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  4. ロンドン発 〓 カリーナ・カネラキスがロンドン・フィルの首席客演指揮者に

  5. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  6. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  7. 訃報 〓 ウィリー・バーマン, 米国のダンス教師

  8. 東京発 〓 新国立劇場が6月、7月の公演中止を発表

  9. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  10. 訃報 〓 ケネス・ウーラム, 英国のテノール歌手

  11. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  12. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  13. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ, オーストリアの合唱指揮者

  14. ヴェルビエ発 〓 音楽祭が緊急救援基金起ち上げ、コロナ禍で苦境のフリー・アーティストに支援金

  15. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭も開催断念、ストリーミング配信をスタート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。