ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 来年のオペラを発表、2020年は予定通り8日開幕

2020/07/29

イタリアのペーザロで行われているロッシーニ・オペラ・フェスティバル(Rossini Opera Festival)が早くも、来年の上演オペラを発表した。それによると、来年のオペラは《モーセとファラオ》、《イングランドの女王エリザベッタ》、《ブルスキーノ氏》の新作3本。また、《スターバト・マーテル》がマッシモ・ガスパロンの演出、ヤデル・ビニャミーニの指揮で演奏される。

このうち、《モーセとファラオ》、《イングランドの女王エリザベッタ》は今年の音楽祭で上演が予定されていたもの。今年の音楽祭はコロナ禍を乗り越え、当初の予定通り8月8日に開幕して20日まで行われるが、オペラは新作の《結婚手形》と再演の《ランスへの旅》の上演に変更された。また、ロッシーニ劇場での公演は、座席スペースにオーケストラを配置、聴衆はボックス内から鑑賞するようなスタイルになる。

今年の《結婚手形》の新演出を手がけるのはグレアム・ヴィックで、この公演でロシアのテノール歌手ディミトリー・コルチャックが指揮者デビューする。

来年にスライドする《モーセとファラオ》の演出を手掛けるのはピエール=ルイジ・ピッツィ、指揮はジャコモ・サグリパンティ。《イングランドの女王エリザベッタ》の演出はダヴィデ・リヴァモアで、指揮はエヴェリーノ・ピドで、ピドは音楽祭デビューを飾る。また、《ブルスキーノ氏》はルノー・ドゥーセ&アンドレ・バーベの演出、ミケーレ・スポッティの指揮。

写真:Rossini Opera Festival


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座も閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  3. サンタフェ・オペラ 〓 2021年夏の公演ラインナップを発表

  4. バーデン=バーデン発 〓 復活祭音楽祭の開催を断念

  5. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  6. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  7. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ, イタリアのテノール歌手

  8. ドナウエッシンゲン発 〓 音楽祭の開催中止を発表

  9. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  10. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭も中止

  11. パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

  12. ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

  13. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  14. ローマ発 〓 ボチェッリが新型コロナウイルス感染を明らかに

  15. ローマ発 〓 ローマ歌劇場がストリーミング配信のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。