ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

2019/11/03

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が2020年元旦に行う2020年の「ニューイヤー・コンサート」の曲目が明らかになった。「ニューイヤー・コンサート」は毎年元旦、彼らが本拠地にしている楽友協会大ホールで行っている恒例行事。“音楽の都からの音楽の年賀状”で、演奏は90カ国以上に中継され、全世界で1億人を超える人たちが新年気分を味わっているとされる。

2020年の指揮は初登場となるアンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons)。コンサートのプログラムは通常、“ワルツ王”ヨハン・シュトラウス2世らシュトラウス家の楽曲を中心に構成されるが、ネルソンスの組んだプログラムは、2020年が生誕250周年となるベートーヴェンの作品を採り上げたのが最大の特徴。12のコントルダンスから、1、2、3、7、10、8番の6曲が演奏される

また、デンマークの作曲家ハンス・クリスチャン・ロンビ(1810-1874)の作品も採り上げており、これも珍しい。ロンビはオーケストラのためのワルツやポルカ、マズルカ、ギャロップを残し、「北国のヨハン・シュトラウス」と呼ばれた作曲家。そこにオーストリアの作曲家であるカール・ミヒャエル・ツィーラー、ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世、フランツ・フォン スッペの有名な喜歌劇《軽騎兵》序曲が加えられた。

 カール・ミヒャエル・ツィーラー:喜歌劇《放浪者》序曲
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《愛の挨拶》
 ヨーゼフ・シュトラウス:リヒテンシュタイン行進曲
 ヨハン・シュトラウス二世:ポルカ《花祭り》
 ヨハン・シュトラウス二世:ワルツ《レモンの花咲くところ》
 エドゥアルト シュトラウス:ポルカ《警告なしで》
   ……… 休憩
 フランツ・フォン スッペ:喜歌劇《軽騎兵》序曲
 ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ《キューピッド》
 ヨハン・シュトラウス二世:ワルツ《もろびと手をとり》
 エドゥアルト シュトラウス:ポルカ・マズルカ《氷の花》
 ヨーゼフ・ヘルメスベルガー二世:ガヴォット
 ハンス・クリスチャン・ロンビ:郵便馬車のギャロップ
 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:12のコントルダンスから、1、2、3、7、10、8番
 ヨハン・シュトラウス二世:ワルツ《人生を楽しめ》
 ヨハン・シュトラウス二世:トリッチ・トラッチ・ポルカ
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《ディナミーデン》

写真:Vienna Philharmoniker / Terry Linke


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  2. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  3. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  4. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  5. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  6. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  7. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  8. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  9. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  10. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  11. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  12. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  13. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  14. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  15. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。