ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

2019/11/03

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が2020年元旦に行う2020年の「ニューイヤー・コンサート」の曲目が明らかになった。「ニューイヤー・コンサート」は毎年元旦、彼らが本拠地にしている楽友協会大ホールで行っている恒例行事。“音楽の都からの音楽の年賀状”で、演奏は90カ国以上に中継され、全世界で1億人を超える人たちが新年気分を味わっているとされる。

2020年の指揮は初登場となるアンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons)。コンサートのプログラムは通常、“ワルツ王”ヨハン・シュトラウス2世らシュトラウス家の楽曲を中心に構成されるが、ネルソンスの組んだプログラムは、2020年が生誕250周年となるベートーヴェンの作品を採り上げたのが最大の特徴。12のコントルダンスから、1、2、3、7、10、8番の6曲が演奏される

また、デンマークの作曲家ハンス・クリスチャン・ロンビ(1810-1874)の作品も採り上げており、これも珍しい。ロンビはオーケストラのためのワルツやポルカ、マズルカ、ギャロップを残し、「北国のヨハン・シュトラウス」と呼ばれた作曲家。そこにオーストリアの作曲家であるカール・ミヒャエル・ツィーラー、ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世、フランツ・フォン スッペの有名な喜歌劇《軽騎兵》序曲が加えられた。

 カール・ミヒャエル・ツィーラー:喜歌劇《放浪者》序曲
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《愛の挨拶》
 ヨーゼフ・シュトラウス:リヒテンシュタイン行進曲
 ヨハン・シュトラウス二世:ポルカ《花祭り》
 ヨハン・シュトラウス二世:ワルツ《レモンの花咲くところ》
 エドゥアルト シュトラウス:ポルカ《警告なしで》
   ……… 休憩
 フランツ・フォン スッペ:喜歌劇《軽騎兵》序曲
 ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ《キューピッド》
 ヨハン・シュトラウス二世:ワルツ《もろびと手をとり》
 エドゥアルト シュトラウス:ポルカ・マズルカ《氷の花》
 ヨーゼフ・ヘルメスベルガー二世:ガヴォット
 ハンス・クリスチャン・ロンビ:郵便馬車のギャロップ
 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:12のコントルダンスから、1、2、3、7、10、8番
 ヨハン・シュトラウス二世:ワルツ《人生を楽しめ》
 ヨハン・シュトラウス二世:トリッチ・トラッチ・ポルカ
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《ディナミーデン》

写真:Vienna Philharmoniker / Terry Linke


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. インスブルック古楽音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  2. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  3. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  4. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  5. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 今年は5月21日に開幕

  6. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  7. ウィーン発 〓 レオンカヴァッロ《ザザ》で新シーズン開幕、アン・デア・ウィーン劇場

  8. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

  9. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  10. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  11. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  12. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  13. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  14. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ネトレプコ主演の《トゥーランドット》はコンサート形式で

  15. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。