ブレゲンツ発 〓 エンリケ・マッツォーラがブレゲンツ音楽祭のレジデント指揮者に

2022/05/19

オーストリアのブレゲンツ音楽祭(Bregenzer Festspiele)がこの夏から、エンリケ・マッツォーラ(Enrique Mazzola)をレジデント指揮者に迎えると発表した。マッツォーラは2017年にオーケストラ・コンサートを指揮して音楽祭にデビュー、2019年にはヴェルディ《リゴレット》を指揮している。

マッツォーラは1968年、スペイン・バルセロナ生まれのイタリア人指揮者。ミラノのヴェルディ音楽院でダニエレ・ガッティに師事。2012/13シーズンから2018/2019シーズンにかけてイル・ド・フランス国立管弦楽団の音楽監督を務めた。

また、2018/2019シーズンからベルリン・ドイツ・オペラの首席客演指揮者も務め、2021/2022シーズンにはアンドルー・デイヴィス(Andrew Davis)の後を受けてシカゴのリリック・オペラの音楽監督に就任、活躍の場を広げている。

音楽祭は1946年の創設。湖上ステージに巨大なセットが組まれ、2年ごとに作品を変えてオペラ上演が行われている。ピットにはウィーン交響楽団が入っており、2022年からはアンドレアス・ホモキが演出を手掛けた新制作のプッチーニ《蝶々夫人》の上演が始まる。

写真:Bregenzer Festspiele / Dietmar Mathis


    音楽祭プロフィールはこちら ▷

関連記事

  1. プッチーニ・フェスティバル 〓 音楽祭がこの夏の公演ラインナップを発表

  2. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 ウィーン・フィル、6月はネルソンスとどっぷり、ヨーロッパ・ツアー、サマー・ナイト・コンサートも

  4. グラインドボーン音楽祭 〓 2022年の上演オペラのラインナップを発表

  5. サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル 〓 オペラ上演の断念を発表

  6. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  7. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭がジョン・ルンドグレンの降板を発表

  8. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  9. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2020年の新作披露は《ファルスタッフ》と《カストールとポリュックス》

  10. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 2年連続の中止を発表

  11. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  12. ザルツブルク発 〓 バルトリが来年の聖霊降臨祭音楽祭の構想明らかに

  13. ウィーン発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズがついにウィーン・フィルを指揮

  14. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  15. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。