ミュンヘン発 〓 バイエルン州立バレエ団が空席の監督にローラン・イレール

2022/05/07

バイエルン州立バレエ団が空席の監督にフランス人のローラン・イレール(Laurent Hilaire)を迎えると発表した。4月上旬に突然辞任したイーゴリ・ゼレンスキーの後任。イレールは2017年からモスクワの名門スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ音楽劇場のバレエ監督を務めていたが、ロシアのウクライナ侵攻を受けて2月末に辞任している。

イレールは1962年、パリ生まれの59歳。パリ国立オペラのバレエ団で1985年から2007年までエトワールを務め、クラシックな作品からコンテンポラリーまで幅広いレパートリーを誇り、同僚のマニュエル・ルグリと人気を競った。1998年には、芸術文化勲章シュヴァリエを、2004年にはブノワ賞を受賞している。舞台を降りた後は2014年まで、バレエ団のメートル・ド・バレエとして後進の指導に当たった。

前任者のゼレンスキーは4月上旬、「家庭の事情で」を理由に突然辞任したが、併合されたクリミア半島にロシア文化センターを開設したロシアの財団への関与が取り沙汰されていた。イレールはスタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ音楽劇場のバレエ監督に就任した際も、バイエルン州立バレエ団の芸術監督に転出したゼレンスキーの後任だった。

Vaganova Today / Sila Avvakum


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  2. コペンハーゲン発 〓 ルイージがデンマーク放送響との契約延長

  3. モスクワ発 〓 パヴェル・コーガンがモスクワ国立響の芸術監督と首席指揮者を辞任、ウクライナ侵略受けて

  4. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  5. ミュンヘン発 〓 補償の必要ないとミュンヘン市政府の法律顧問、ゲルギエフ解任で

  6. 訃報 〓 デール・クレヴェンジャー, 米国のホルン奏者

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新しいストリーミング・サービスを開始

  8. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルもゲルギエフとの「関係を終了」と発表

  9. 大阪発 〓 藤岡幸夫&関西フィル、ライブ録音によるシベリウスの交響曲全集をリリース

  10. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏会を再開

  12. モスクワ発 〓 2021年の「オペラリア」はボリショイ劇場で開催

  13. 訃報 〓 ピーター・ブルック, 英国の演出家

  14. バイロイト発 〓 新制作の《ニーベルングの指環》、演出に凄まじいブーイング

  15. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが開催延期を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。