ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

2019/11/20

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)の字幕サービスにこのほど、中国語とスペイン語のサービスが加わった。これまでは英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、ロシア語、日本語の6カ国語で行われており、これで8カ国語となった。

写真:Wiener Staatsoper / Lemon42

関連記事

  1. ウィーン発 〓 レオンカヴァッロ《ザザ》で新シーズン開幕、アン・デア・ウィーン劇場

  2. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  3. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  4. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  5. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 来年のオペラはネトレプコ主演の《トゥーランドット》

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  7. ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場がポネル演出の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  9. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  10. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  12. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  13. 訃報 〓 ペーター・スヴェンソン, ドイツのテノール歌手

  14. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  15. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。