ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

2019/11/20

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)の字幕サービスにこのほど、中国語とスペイン語のサービスが加わった。これまでは英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、ロシア語、日本語の6カ国語で行われており、これで8カ国語となった。

写真:Wiener Staatsoper / Lemon42

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  2. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウス「シネマシーズン2019/20」スケジュール発表

  3. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  4. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  5. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  6. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク復活祭音楽祭が過去の公演をストリーミング配信

  7. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  8. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  9. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  11. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  12. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  13. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  14. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭の開幕は8月1日、規模は大幅縮小

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。