ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

2019/11/20

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)の字幕サービスにこのほど、中国語とスペイン語のサービスが加わった。これまでは英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、ロシア語、日本語の6カ国語で行われており、これで8カ国語となった。

写真:Wiener Staatsoper / Lemon42

関連記事

  1. 訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

  2. 東京発 〓 NHK交響楽団がパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  3. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  4. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン, 米国のソプラノ歌手

  5. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  6. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  8. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  9. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  10. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  11. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  12. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  13. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  14. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  15. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。