リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチが喉の手術で休養

2021/11/01
【最終更新日】2021/11/16

指揮者のスペランツァ・スカプッチ(Speranza Scappucci)が休養を発表した。喉にできた嚢胞を取り除く手術を受けるためで、音楽監督を務めるワロン王立オペラで11月に予定されているドニゼッティ《ランメルモールのルチア》の指揮をキャンセルするという。

ワロン王立オペラの《ランメルモールのルチア》は新シーズンの新制作の一つで、11月19日から30日にかけて上演される予定。レナート・バルサドンナがスカプッチの代役を務める。スカプッチは12月初めに現場復帰、ミュンヘンでコンサート形式の《オリー伯爵》を指揮するという。

写真:Speranza Scappucci


関連記事

  1. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  2. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  3. ボゴタ発 〓 ボゴタ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督にスウェーデンのヨアキム・グスタフソン

  4. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  5. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管が「男性メンバーの燕尾服着用をやめる」

  6. ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

  7. ソウル発 〓 韓国響の次期芸術監督にベルギーの指揮者デイヴィッド・レイランド

  8. ベルリン発 〓 ダニエル・スタブラヴァの退団を発表、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  9. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  10. マドリッド発 〓 ドミンゴがSNSで新型コロナウイルス感染を明らかに

  11. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  12. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  13. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが新しいリサイタル・シリーズを無料でストリーミング配信

  14. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  15. ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。