ヘルシンキ発 〓 ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールが閉幕

2019/05/31

ヘルシンキで行われている「ミリアム・ヘリン国際声楽コンクール=Mirjam Helin International Singing Competition」が閉幕した。コンクールは1984年、シベリウス音楽院で長く若手歌手の指導に当たっていたミリヤム・ヘリン教授が「フィンランドに世界的な声楽コンクールを」という想いで設立したもの。男性は32歳、女性は30歳以下が対象で、5年ごとの開催。過去の優勝者には、アンドレア・ロスト、エリーナ・ガランチャ、ルネ・パーペなどがいる。今回は史上最多の474人の応募があった。

フィンランド国立歌劇場で行われるファイナルには8名が出場、フィンランド放送交響楽団と共演する。審査委員長はテノールのヨルマ・シルヴァスティで、審査員にはキリ・テ・カナワ、ヴァルトラウト・マイヤー、デボラ・ポラスキ、ヴェッセリーナ・カサロヴァ、ベン・ヘップナー、オラフ・ベーアがいる。賞金は一等賞3万ユーロ(約365万円)、二等賞2万ユーロ、三等賞1500ユーロ、四等賞1万ユーロ。入賞者は以下の通り。

<男性>
 第1位:Stefan Astakhov(バリトン)ドイツ
 第2位:Rodrigo Sosa Dal Pozzo(カウンター・テナー)イタリア – ベネズエラ
 第3位:Bryan Murray(バリトン)アメリカ人
 第4位:Jussi Juola(バス・バリトン)フィンランド

<女性>
 第1位:Johanna Wallroth(ソプラノ)スウェーデン
 第2位:Olga Cheremnykh(ソプラノ)ロシア
 第3位:Teaa An(メゾ・ソプラノ)韓国
 第4位:Palesa Malieloa(南アフリカ)ソプラノ

写真:Mirjam Helin International Singing Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  2. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  3. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  4. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2019年のプログラムを早くも発表

  5. ゴーリッシュ発 〓 アンドリス・ネルソンスに2018年の年間賞

  6. アスペン音楽祭 〓 ルネ・フレミングが芸術監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。