ヘルシンキ発 〓 ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールが閉幕

2019/05/31
【最終更新日】2021/09/05

フィンランドの首都ヘルシンキで行われている「ミリアム・ヘリン国際声楽コンクール=Mirjam Helin International Singing Competition」が閉幕した。

コンクールは1984年、シベリウス音楽院で長く若手歌手の指導に当たっていたミリヤム・ヘリン教授が「フィンランドに世界的な声楽コンクールを」という想いで設立したもの。男性は32歳、女性は30歳以下が対象で、5年ごとの開催。過去の優勝者には、アンドレア・ロスト、エリーナ・ガランチャ、ルネ・パーペなどがいる。今回は史上最多の474人の応募があった。

フィンランド国立歌劇場で行われるファイナルには8名が出場、フィンランド放送交響楽団と共演する。審査委員長はテノールのヨルマ・シルヴァスティで、審査員にはキリ・テ・カナワ、ヴァルトラウト・マイヤー、デボラ・ポラスキ、ヴェッセリーナ・カサロヴァ、ベン・ヘップナー、オラフ・ベーアがいる。賞金は一等賞3万ユーロ(約365万円)、二等賞2万ユーロ、三等賞1500ユーロ、四等賞1万ユーロ。入賞者は以下の通り。

<男性>
 第1位:Stefan Astakhov(バリトン)ドイツ
 第2位:Rodrigo Sosa Dal Pozzo(カウンター・テナー)イタリア – ベネズエラ
 第3位:Bryan Murray(バリトン)アメリカ人
 第4位:Jussi Juola(バス・バリトン)フィンランド

<女性>
 第1位:Johanna Wallroth(ソプラノ)スウェーデン
 第2位:Olga Cheremnykh(ソプラノ)ロシア
 第3位:Teaa An(メゾ・ソプラノ)韓国
 第4位:Palesa Malieloa(南アフリカ)ソプラノ

写真:Mirjam Helin International Singing Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  2. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  3. ローマ発 〓 ゲルギエフが新型コロナに感染、共演のダニール・トリフォノフも

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  5. ボルドー発 〓 ボルドー国立オペラの次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ、マルク・ミンコフスキは退任

  6. ワルシャワ発 〓 第18回「ショパン国際ピアノ・コンクール」でカナダのブルース・リウが優勝。日本勢は2位に反田恭平、小林愛実が4位に入賞

  7. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  8. 別府発 〓 第22回のアルゲリッチ音楽祭は来年にそのまま延期

  9. タンペレ発 〓 サントゥ=マティアス・ロウヴァリが2022/2023でタンペレ・フィルの芸術監督兼首席指揮者を退任

  10. 訃報 〓 ルイ・アンドリーセン, オランダの作曲家

  11. デンバー発 〓 コロラド響の首席指揮者にピーター・ウンジャン

  12. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団が活動休止を発表

  13. ジュネーブ発 〓 国際音楽コンクール世界連盟がチャイコフスキー国際コンクールを追放

  14. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが開催断念を発表

  15. ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。