東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

2020/03/14
【最終更新日】2020/03/15

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府のイベント自粛要請を受けた公演のキャンセルが続く中、東京交響楽団(Tokyo Symphony Orchestra)が3月21日から公演を再開させることになった。

自粛要請後、都内のプロ・オーケストラが公演を行うのは初めて。

大規模イベントの開催自粛については、安倍首相が2月26日に2週間の開催自粛を呼び掛けた後、3月10日に改めて10日間程度の自粛を継続するよう求めていた。

再開第一弾となる公演は、21日午後2時開演の「東京オペラシティシリーズ」第113回演奏会。飯森範親が指揮するラヴェル・プログラム。

政府の専門家会議は19日頃をめどに対策の効果について判断を示す予定。

写真:Tokyo Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ローマ発 〓 ローマ歌劇場の次期音楽監督にミケーレ・マリオッティ

  2. シュトゥットガルト発 〓 SWR交響楽団の次期首席指揮者兼芸術監督にフランソワ=グザヴィエ・ロト、クルレンツィスは退任へ

  3. ミュンヘン発 〓 8月末からのミュンヘン国際音楽コンクールも中止

  4. ストラスブール発 〓 ラン国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  6. 訃報 〓 ケネス・ギルバート, カナダ出身のチェンバロ奏者

  7. ヴィースバーデン発 〓 パトリック・ランゲが任期残してヘッセン州立劇場の音楽総監督を退任、芸術総監督との方向性合わず

  8. 訃報 〓 ネッド・ローレム, 米国の作曲家

  9. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  10. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  11. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  12. バルセロナ発 〓 アラーニャ、クルザク夫妻がリセウ大劇場の《トスカ》から撤退、理由は「卑猥な演出」

  13. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《パルジファル》を18日にストリーミング

  15. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが届かない舞台装置を急きょ自作、2021/2022シーズンは予定通りの開幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。