ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

2020/09/03

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)が8月28日、本拠地フィルハーモニーで2020/2021シーズンをスタートさせた。ベルリン・フィルはこれに先立ち、26日にコンツェルトハウスで演奏会を行っている。

開幕は首席指揮者のキリル・ペトレンコ(Kirill Petrenko)の指揮で、《浄夜》とブラームスの交響曲第4番。

この日の演奏会は、ベルリン州政府の新型コロナウイルス感染予防策に沿って行われ、客席の4分の1という制限を受けて、約2200人収容の大ホールに500人を入れて行われた。

ステージ上も、演奏者の安全を考慮して、奏者間の間隔を取って演奏が行われ、休憩もなし。

写真:Stephan Rabold

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボルドー発 〓 ミンコフスキがボルドー国立オペラとの契約を延長

  2. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  3. ベルリン発 〓 大統領主催のウクライナのための連帯コンサートの指揮者に沖澤のどか。急病のペトレンコの代役で

  4. フィラデルフィア発 〓 演奏前に楽団員が同僚に“客前プロポーズ”

  5. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ケルン発 〓 WDR響が首席指揮者のクリスティアン・マチェラルとの契約を延長

  7. ハノーファー発 〓 州立劇場が音楽総監督のステファン・ジリアスとの契約を延長

  8. パレルモ発 〓 ピアノのプレトニョフ、カワイのスペシャル・モデル盗まれる

  9. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  10. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラ、本拠地をロンドンからマンチェスターに

  11. トゥーロン発 〓 トゥーロン歌劇場の音楽監督にヴィクトリアン・ヴァノステン

  12. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード」が2022年の年間賞のノミネートを発表

  13. ウィーン発 〓 ネトレプコが右肩の緊急手術で国立歌劇場への出演をキャンセル。一方で「ポーラー音楽賞」授賞、初めての著作刊行、5年ぶりのソロ・アルバムが登場

  14. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが宮本亞門新演出の《蝶々夫人》の上演を順延、スタッフに新型コロナの感染者出て

  15. リューベック発 〓 フルートのカラパノスに今年の「レナード・バーンスタイン賞」、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。