訃報 〓 アンネローゼ・シュミット, ドイツのピアニスト

2022/03/15

ドイツのピアニスト、アンネローゼ・シュミット(Annerose Schmidt)が17日に亡くなった。85歳だった。旧・東ドイツを代表するピアニストの一人で、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学初の女性の学長(1990-1995)などを歴任、2006年に健康上の障害から演奏活動から引退していた。

シュミットは1936年、旧・東ドイツのヴィッテンベルクの生まれ。ヴィッテンベルク音楽院の院長だった父から英才教育を受け、幼少時にデビュー。その後、ライプツィヒ音楽院で学び、1955年のショパン国際ピアノ・コンクールに参加してから旧共産圏を中心に活動を展開した。

1956年にはドイツ民主共和国ピアノ・コンクール、国際ロベルト・シューマン・コンクールで優勝。1958年からは西側でも演奏活を展開するようになり、古典派からシューマン、ショパンなどのロマン派の作品をレパートリーの中心に欧米のオーケストラとの競演を重ねた。

初来日は1973年。1970年から1977年にかけてクルト・マズア指揮のドレスデン・フィルハーモニーとモーツァルトのピアノ協奏曲全集を完成させている。2000年のショパン国際ピアノコンクールの審査員も務め、2003年のドイツ連邦共和国功労勲章など受章多数。

写真:Gewandhausorchester Leipzig


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場がポネル演出の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  2. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが年内の公演をキャンセル

  3. オーデンセ発 〓 オーデンセ響の首席指揮者にピエール・ブリューズ

  4. オスロ発 〓 クラウス・マケラが3月、オスロ・フィルとのシベリウス全集でレコード・デビュー

  5. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  6. エアフルト発 〓 ドイツのエアフルト・フィルハーモニー管弦楽団が次期音楽監督にアレクサンダー・プライアー

  7. ニューヨーク発 〓 指揮者のマイケル・ティルソン・トーマスが11月に現場復帰

  8. ドナウエッシンゲン発 〓 音楽祭の開催中止を発表

  9. バイロイト音楽祭 〓 2023年の新制作はバーチャル・リアリティーによる《パルジファル》

  10. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  11. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  12. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新しいストリーミング・サービスを開始

  15. ボゴタ発 〓 ボゴタ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督にスウェーデンのヨアキム・グスタフソン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。