訃報 〓 アンネローゼ・シュミット(85)ドイツのピアニスト

2022/03/15
【最終更新日】2023/02/06

ドイツのピアニスト、アンネローゼ・シュミット(Annerose Schmidt)が17日に亡くなった。85歳だった。旧・東ドイツを代表するピアニストの一人で、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学初の女性の学長(1990-1995)などを歴任、2006年に健康上の障害から演奏活動から引退していた。

シュミットは1936年、旧・東ドイツのヴィッテンベルクの生まれ。ヴィッテンベルク音楽院の院長だった父から英才教育を受け、幼少時にデビュー。その後、ライプツィヒ音楽院で学び、1955年のショパン国際ピアノ・コンクールに参加してから旧共産圏を中心に活動を展開した。

1956年にはドイツ民主共和国ピアノ・コンクール、国際ロベルト・シューマン・コンクールで優勝。1958年からは西側でも演奏活を展開するようになり、古典派からシューマン、ショパンなどのロマン派の作品をレパートリーの中心に欧米のオーケストラとの競演を重ねた。

初来日は1973年。1970年から1977年にかけてクルト・マズア指揮のドレスデン・フィルハーモニーとモーツァルトのピアノ協奏曲全集を完成させている。2000年のショパン国際ピアノコンクールの審査員も務め、2003年のドイツ連邦共和国功労勲章など受章多数。

写真:Gewandhausorchester Leipzig


関連記事

  1. ニース発 〓 ニース・オペラが新しい音楽監督にダニエレ・カッレガーリ

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンをキャンセル

  3. ハノーファー発 〓 名門レーベル「ドイツ・グラモフォン」がヨアナ・マルヴィッツと契約、女性指揮者は二人目

  4. エアフルト発 〓 指揮者のアレクサンダー・プライアーが着任したばかりの市立劇場の音楽総監督を退任

  5. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  6. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  7. ミラノ発 〓 スカラ座が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 演出家のマルティン・クシェイがブルク劇場の芸術監督を退任

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラの新制作《ピーター・グライムズ》、新型コロナで初日を3月6日に延期

  10. ハレ発 〓 ヘンデル音楽祭が2021年の開催中止を発表、コロナ禍による中止は2年連続

  11. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  12. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の舞踏会「オーパンバル」、3年ぶりに開催へ

  14. バルセロナ発 〓 ジュゼップ・ポンス、リセウ大劇場の首席指揮者を2026年で退任

  15. ドレスデン音楽祭 〓 「グラスヒュッテ音楽祭賞」の授与式をオンライン上で、ハンニガンと結んで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。