ミュンヘン発 〓 補償の必要ないとミュンヘン市政府の法律顧問、ゲルギエフ解任で

2022/03/14

ワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)を解任したミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(Münchner Philharmoniker)について、ミュンヘン市政府の法律顧問事務所が補償の必要はない、との見解を発表した。ドイツでの報道によると、その理由に「プーチンを支持するその行動が市の信用を傷つけた」からとしている。

ゲルギエフはロシアのウクライナ侵略開始直後、ミュンヘン市のライター市長からプーチン大統領と距離を置くように求められたが、それに答えなかったことから、2016年からその任にあった首席指揮者を解任された。ミュンヘン市議会は「市の音楽大使として、その役割を担うことができなくなった」と述べている。

オーケストラとゲルギエフとの契約は2025年の夏まで残っており、契約額は明らかにされていないが、現地での報道によると、1シーズンあたり200万(約2億6,000万円)〜300万ユーロ(約3億8,600万円)だったとみられており、解任によって、少なくとも600万ユーロ(約6億4,200万円)の損失になるという。

写真:Münchner Philharmoniker / MezzoTV


関連記事

  1. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョの大規模改修工事スタート、2022年9月まで閉館

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  3. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  4. ドレスデン音楽祭 〓 2021年の音楽祭概要を発表、テーマは「対話」

  5. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  6. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団の元第1ヴァイオリン、ヴィネタ・サレイカ=フォルクナーがベルリン・フィルへ

  7. フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

  8. ロッテルダム発 〓 音楽界でウクライナへの連帯表明広がる、ロッテルダム・フィル、バーデン=バーデン音楽祭もゲルギエフにプーチン大統領との決別を要求

  9. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が2022年の「レナード・バーンスタイン賞」はギターのショーン・シベ

  10. ミュンヘン発 〓 ゲルトナープラッツ劇場のジェニファー・オローリン、ルシアン・クラスネクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  11. ユトレヒト発 〓 ユトレヒト古楽音楽祭が開催中止を発表、9月開催で初

  12. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  14. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日、新制作の《皇帝ティートの慈悲》で再開場へ

  15. ロンドン発 〓 指揮者のラトルが新型コロナに感染、ロンドン響の指揮をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。