ミュンヘン発 〓 補償の必要ないとミュンヘン市政府の法律顧問、ゲルギエフ解任で

2022/03/14

ワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)を解任したミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(Münchner Philharmoniker)について、ミュンヘン市政府の法律顧問事務所が補償の必要はない、との見解を発表した。ドイツでの報道によると、その理由に「プーチンを支持するその行動が市の信用を傷つけた」からとしている。

ゲルギエフはロシアのウクライナ侵略開始直後、ミュンヘン市のライター市長からプーチン大統領と距離を置くように求められたが、それに答えなかったことから、2016年からその任にあった首席指揮者を解任された。ミュンヘン市議会は「市の音楽大使として、その役割を担うことができなくなった」と述べている。

オーケストラとゲルギエフとの契約は2025年の夏まで残っており、契約額は明らかにされていないが、現地での報道によると、1シーズンあたり200万(約2億6,000万円)〜300万ユーロ(約3億8,600万円)だったとみられており、解任によって、少なくとも600万ユーロ(約6億4,200万円)の損失になるという。

写真:Münchner Philharmoniker / MezzoTV


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  2. コペンハーゲン発 〓 ルイージがデンマーク放送響との契約延長

  3. モスクワ発 〓 音楽大手「ユニバーサル・ミュージック」がロシアから撤退

  4. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  5. 東京発 〓 「全国共同制作オペラ」が2024年度にプッチーニ《ラ・ボエーム》を新制作、指揮は井上

  6. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが新制作の《ホフマン物語》の上演を延期、コロナ禍で

  7. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラの首席客演指揮者にスペランツァ・スカップッチ

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場の舞踏会「オーパンバル」、3年ぶりに開催へ

  9. ロンドン発 〓 ギルドホール音楽演劇学校が休校、教員に感染者

  10. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  11. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  12. 訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ(86)ポーランドの作曲家

  13. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  14. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラがワーグナー《リエンツィ》をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。