ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

2019/02/25

英国の指揮者アンドルー・マンゼ(Andrew Manze)がハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団(NDR Radiophilharmonie)との契約を更改した。マンゼは2014/15シーズンから首席指揮者を務めている。任期は2023年まで伸びる。マンゼは1965年、ロンドン南東部ベックナム地区の生まれ。ケンブリッジ大学、王立音楽院で学び、古楽のヴァイオリン奏者として活躍。その後、指揮者として活躍の場を広げた。トレヴァー・ ピノックが創設した古楽アンサンブル「イングリッシュ・コンサート」の芸術監督を2003年から2007年にかけて務めた。2018/19シーズンからは、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者も兼任している。

写真:andrewmanze.com / Chris Christodoulou


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シカゴ発 〓 ムーティーが労働協約めぐり楽団員を擁護

  2. ヘルシンキ発 〓 ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールに474人が応募

  3. ワルシャワ発 〓 新しい“ショパン・コンクール”終了

  4. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  5. ストラスブール発 〓 「ARTE Con​​cert」がネット上にオペラハウス?

  6. 訃報 〓 世界的ヴィオラ奏者のマイケル・トゥリーが死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。