訃報 〓 ジョセフィン・ヴィージー(91)英国のメゾ・ソプラノ歌手

2022/02/24
【最終更新日】2023/02/06

英国のメゾ・ソプラノ歌手ジョセフィン・ヴィージー(Josephine Veasey)が22日、ホイットチャーチの自宅で亡くなった。91歳だった。英国の戦後第一世代を代表する歌手の一人で、国際的に活躍。ワーグナーやリヒャルト・シュトラウス、ベルリオーズの作品などを得意とした。

1930年、ロンドン南部ペッカムの生まれ。1949年にロイヤル・オペラの合唱団に加わり、1955年にリヒャルト・シュトラウス《サロメ》でオペラ・デビュー。1957年からはグラインドボーン音楽祭にもデビュー、《ウエルテル》のシャーロット、《薔薇の騎士》のオクタヴィアンなどで出演を重ねた。

持ち役はケルビーノ、ドラベッラ、エボリ皇女、アムネリス、カルメンなど。ベルカント・オペラでは、ジョーン・サザーランド、ルチアーノ・パヴァロッティと共演した《テンダのベアトリス》でアグネーゼを、モンセラート・カバリエ、ジョン・ヴィッカーズと共演した《ノルマ》でアダルジーザを歌っている。

また、音楽監督を務めるゲオルグ・ショルティに認められてワーグナー作品に取り組むようになり、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の《ニーベルングの指環》の録音にフリッカ役で参加している。一方、ショルティの後継者コリン・デイヴィスとはベルリオーズの作品に取り組み、《トロイアの人々》のディド、《ファウストの劫罰》のマルグリートを持ち役とした。

ロイヤル・オペラ以外にパリ国立オペラやスカラ座、ウィーン国立歌劇場やメトロポリタン歌劇場など、世界の主要な歌劇場に出演しており、1962年にはマイケル・ティペット《プリアモス王》、1976年にはハンス・ヴェルナー・ヘンツェの《私たちは川に来た》などの初演に参加している。

オペラの舞台から引退したのは1982年で、デビュー時と同じロイヤル・オペラの《サロメ》の公演で、ヘロディアスを歌った。引退後は後進の指導に尽力。サリー・バージェス、フェリシティ・パーマー、アリソン・ピアスといった歌手たちを育てた。

写真:Royal Opera House





関連記事

  1. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  2. ボストン発 〓 空席が続いていたボストン響のコンサートマスターにネイサン・コール

  3. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  4. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  5. ベルファスト発 〓 アルスター管が次期首席指揮者にダニエレ・ルスティオーニ

  6. オールドバラ発 〓 ついにオールドバラ音楽祭も中止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  7. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  8. トロント発 〓 トランペットのコレッティが「カナディアン・ブラス」を退団

  9. ライプツィヒ発 〓 国際バッハ・コンクールは2025年から毎年開催へ、毎年1部門を開催

  10. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  11. ストックホルム発 〓 ブロムシュテットが現場復帰

  12. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラ・バレエの次期音楽監督にエドワード・ガードナー

  13. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルが音楽監督のアジス・ショハキモフとの契約を延長

  14. ロサンゼルス発 〓 2021年の「ゴールデングローブ賞」のノミネート作出揃う

  15. ロンドン発 〓 指揮者のウラディーミル・ユロフスキが大英帝国勲章ナイト・コマンダー章を受章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。