訃報 〓 カミル・マリネスク, ルーマニアの指揮者

2020/07/27

ルーマニアの指揮者カミル・マリネスク(Camil Marinescu)が7月27日に亡くなった。55歳だった。新型コロナウイルスに感染後、3週間の入院生活をおくっていた。1991年からブカレスト国立歌劇場の指揮者陣の一人で、ドイツのオーケストラを中心に客演活動を続けていた。

首都ブカレスト生まれで、9歳からバスーンを演奏。ジョルジュ・エネスク音楽学校、ルーマニア国立音楽アカデミーでバスーン、作曲、オーケストレーション、合唱を学んだ。その後、フランスの指揮者ピエール・デルヴォー(Pierre Dervaux)に師事している。

ルーマニア国内では、オペラの他、1993年からはかつてのモルダヴィア公国の首都でルーマニア東部にあるヤシのモルドバ・フィルハーモニー管弦楽団(The Moldova Philharmonic)の常任指揮者の他、ルーマニア国立放送管弦楽団(Romanian National Radio Orchestra)の客演指揮者を務めていた。

1998年に来日して大阪シンフォニカー交響楽団に入団し、その後、ハーモニアス室内管弦楽団のコンサートマスターなどを務めるチプリアン・マリネスク(Ciprian Marinescu)は実弟。

写真:Romanian National Radio Orchestra


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がネット上でスター歌手40人超えの特別ガラ・コンサート

  3. クリスチャンサン発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがクリスチャンサン響との契約を延長

  4. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  5. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  6. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  8. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  9. ボストン発 〓 ボストン響がレイオフに続き、平均37%の報酬カット

  10. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  11. オーデンセ発 〓 オーデンセ響の首席指揮者にピエール・ブリューズ

  12. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団が中国公演を中止

  13. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  14. フィレンツェ発 〓 ペレイラがフィレンツェ歌劇場の総裁に

  15. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。