ウィーン発 〓 演出家のマルティン・クシェイがブルク劇場の芸術監督を退任

2022/12/24

ウィーンのブルク劇場の芸術監督を務めている演出家のマルティン・クシェイ(Martin Kušej)の退任が決まった。クシェイは2019年からその任にあり、任期1期での退任となる。現地での報道をまとめると、次期監督についてはクシェイを含めた15人が候補に上がっていたが、再任決定が遅れていることにクシェイがしびれを切らして自ら退任を発表した格好。

クシェイは1962年、ヴォルフスベルク生まれの61歳。オーストリア・カリンシア州の少数民族であるスロベニア語圏生まれで、グラーツ大学などでドイツ語、文学、スポーツ科学を学び、ザルツブルクの州立劇場、リュブリャナのスロベニア国立劇場の演出助手などを務め、その後、スロベニア、オーストリア、イタリア、ドイツでフリーランスとして活動した。

オペラの演出は1996年、シュトゥットガルト州立劇場でパーセル《アーサー王》を手掛けたのが最初。その後、シュトゥットガルトの専属演出家、ザルツブルク音楽祭の演劇部門の芸術監督を務め(2004-2006)などを経て、フリーランスの活動を続け、その後に現職。ブルク劇場はハプスブルク帝国以来、270年を超える伝統を持つ国立劇場。

写真:Salzburger Festspiele /  Alessandra Schellnegger


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2025年から新制作の「リング・チクルス」を上演

  2. エルサレム発 〓 イスラエルで新型ウイルスの感染再拡大、エルサレム室内楽音楽祭中止へ

  3. ラヴェンナ発 〓 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が5月にイタリア・ツアー

  4. ミラノ発 〓 スペランツァ・スカップッチのスカラ座デビューが代役起用で前倒しに

  5. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  6. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響との契約を延長、延長は1年

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがゲルギエフに加え、ネトレプコの今後の出演をキャンセル

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. 訃報 〓 エツィオ・ボッソ(48)イタリアのピアニスト、作曲家、指揮者

  11. ロンドン発 〓 作曲家の久石譲がロイヤル・フィルの「コンポーザー・イン・アソシエーション」に

  12. ベルリン発 〓 バレンボイム入院長引き、5月のウェスト=イースタン・ディヴァン管のツアーの指揮をキャンセル

  13. フランクフルト発 〓 市立歌劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発、新制作が11も

  14. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の第8代首席指揮者にクラウス・マケラ

  15. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク交響楽団の首席指揮者を今シーズンで退任、カーチュン・ウォン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。