ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

2021/04/13

バイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)がクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)指揮のコンサートをライブ・ストリーミングすると発表した。

ティーレマンはバイエルン放送響のライバルとなるミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めていた関係から(2004-2011)、これがオーケストラ・デビューとなる。

コンサートが行われるのは現地時間の4月16日午後8時半から。リヒャルト・シュトラウスとシューマンを取り上げ、シュトラウスは木管楽器とティンパニーによる「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」ファンフーレと16の管楽器によるソナタ。シューマンは序曲「スケルツォとフィナーレ」。

写真:Warner Music Japan


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 セバスチャン・ジャコー、ベルリン・フィルの首席フルートに

  2. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  3. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

  5. ベルリン発 〓 ペトレンコとベルリン・フィルもウクライナへの連帯を表明

  6. プラハ発 〓 チェコ・フィルが聴衆なしのコンサートをストリーミング配信

  7. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  8. ベルン発 〓 スイスの劇場閉鎖、2月末まで延長の方向

  9. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  10. 訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング・サービスの年末ラインナップを発表

  12. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立歌劇場が新制作の《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め、ロシアのウクライナ侵略で

  13. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  14. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  15. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。