訃報 〓 ゲオルク・シュメーエ, ドイツの指揮者

2021/01/13

ドイツの指揮者ゲオルク・シュメーエ(Georg Schmöhe)が3日、ドイツ南部ミッテンヴァルトで亡くなった。81歳だった。ドイツ語圏の歌劇場、オーケストラを中心に活躍する一方、1980年から1983年にかけてベネズエラのカラカスにあるベネズエラ交響楽団の首席指揮者を務めている。

ドイツ西部に位置するグーマスバッハの生まれで、セルジュ・チェリビダッケ、フランコ・フェラーラたちから指揮を学び、1974年にドイツのビーレフェルト劇場の音楽総監督に就任して最初の常任ポストを獲得。併せて、ドイツ内外のオーケストラ、歌劇場に客演を重ねた。

その後、ニュルンベルク交響楽団の音楽監督(1989-1992)、カッセル州立劇場の音楽総監督、オーストリア・インスブルックのチロル州立劇場の音楽総監督を歴任。2007年から2013年までミュンヘン交響楽団の首席指揮者を務めた。

写真:Munich Symphony Orchestra


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  2. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  3. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  4. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  6. マイアミ発 〓 マイアミ響が音楽監督のエドゥアルド・マルトゥレとの契約を延長

  7. ベルン発 〓 スイスの劇場閉鎖、2月末まで延長の方向

  8. 東京発 〓 新国立劇場が「巣ごもりシアター」第4弾のラインナップ発表

  9. 訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

  10. ロサンゼルス発 〓 カルダー四重奏団のメンバーが交代

  11. ミラノ発 〓 スカラ座も閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  12. モスクワ発 〓 ネトレプコが新型コロナ感染を明らかに、Instagramへの投稿で

  13. パリ発 〓 ミッコ・フランクがフランス放送フィルとの契約を延長

  14. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ベルリン発 〓 州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。