バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の芸術監督を辞任

2018/04/17

地中海沿岸のスペイン・バレンシアにあるソフィア王妃芸術宮殿(Palau de les Arts Reina Sofia)は、近未来的で奇抜な外観で知られる。その総裁を務めていたダヴィデ・リヴァモアが昨年12月に辞任したことを受け、新たな内紛が表面化した。先頃行われたオーケストラ・メンバーによる投票で、リヴァモアが招いた二人の共同芸術監督を務めているファビオ・ビオンディ、ロベルト・アバドが不信任された。これを受けて、ビオンディが辞意を表明した。アバドは態度を表明していない。メンバーは、後任の指揮者にグスターボ・ヒメノ、ヘンリク・ナナシを希望しているという。
Photo:Steven2358

関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン放送交響楽団が首席指揮者にマリン・オールソップ

  2. ロンドン発 〓 発表、オペラ・アワード2018

  3. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  4. 東京発 〓 リッカルド・ムーティが第30回「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞

  5. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  6. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。