訃報 〓 ミハイル・ユロフスキ(76)ロシアの指揮者

2022/03/23
【最終更新日】2023/02/06

ロシアの指揮者でドイツを拠点に国際的に活躍したミハイル・ユロフスキ(Michail Jurowski)が19日、ベルリンの病院で多臓器不全で亡くなった。76歳だった。作曲家ウラディーミル・ユロフスキーの息子で、二人の息子ウラディーミルとドミートリイは指揮者で、娘のマリアはピアニスト。

1945年、モスクワ生まれ。モスクワ音楽院で指揮と音楽学を学び、スタニスラフスキー&ダンチェンコ音楽劇場とボリショイ劇場で活動をスタート。1978年からベルリンのコーミッシェ・オーパーの、1989年からはドレスデン国立歌劇場(現在のザクセン州立歌劇場)の指揮者陣に加わった。

その後、東欧民主化後が実現。その混乱で旧ソ連内で反ユダヤ主義が台頭したこともあり、1990年には統一後のドイツに移住した。ドイツでロストック国民劇場の音楽総監督、ライプツィヒ市立歌劇場の首席指揮者、ケルンのWDR放送交響楽団の指揮者などを歴任した。

作曲家のショスタコーヴィチとも交友があり、1981年にポーランドの作曲家クシシュトフ・メイエルが未完に終わっていたオペラ《賭博師》を完成させたことを受け、1995年にボリショイ劇場の歌手陣を招き、ロストック国民劇場のピットに入る北ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して世界発録音を行っている。

写真:Staatskapelle Dresden / Matthias Creutziger


関連記事

  1. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

  2. アルテンブルク発 〓 アルテンブルク・ゲラ劇場が音楽総監督のルーベン・ガザリアンとの契約を延長

  3. デュッセルドルフ発 〓 ライン・ドイツ・オペラの次期音楽総監督にヴィターリ・アレクセーノク、アクセル・コーバーの後任

  4. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  5. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  6. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  7. ブリュッセル発 〓 NHK交響楽団のヨーロッパ・ツアーが終了

  8. 訃報 〓 ステュアート・ベッドフォード(81)英国の指揮者

  9. ロンドン発 〓 作曲家の久石譲がロイヤル・フィルの「コンポーザー・イン・アソシエーション」に

  10. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  11. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  12. 訃報 〓 ヴィルジニア・ゼアーニ(95)ルーマニア出身のソプラノ歌手

  13. 訃報 〓 ジョージ・クラム(92)米国の作曲家

  14. バーゼル発 〓 バーゼル響の次期首席指揮者にマルクス・ポシュナー

  15. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ(83)ロシアのバス歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。