ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが新シーズン2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、指挥者の山田和樹、ヴァイオリニストの「HIMARI」がデビュー

2024/04/24
【最終更新日】2024/04/25

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)が4月24日、新シーズン2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。バーミンガム市交響楽団の首席指揮者を務める山田和樹(Kazuki Yamada)が来年6月、オーケストラ・デビューすることが明らかになった。また、ヴァイオリニストの「HIMARI=吉村妃鞠」も、ズービン・メータ指揮のコンサートのソリストを務めてデビューする。

山田のデビューは12日で、プログラムはレスピーギの《ローマの噴水》、武満徹の《ウォーター・ドリーミング》、サン=サーンスの交響曲第3番《オルガン付き》。ソリストは武満がエマニュエル・パユ、サン=サーンスはセバスチャン・ハインドルが務める。過去にベルリン・フィルを指揮した日本人は戦前の近衛秀麿以来、山田が15人目。ただ、定期演奏会に招かれるのは、小沢征爾、小泉和裕、佐渡裕に次いで4人目となる。

一方、「HIMARI」は山田に先立つ3月20日、メータが指揮する定期演奏会に登場、ヴィエニャフスキのヴァイオリン協奏曲第1番を弾いてデビューを飾る。2011年生れの12歳で、2021年の第15回「リピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」で第一位より上の特賞グランプリを、史上最年少で受賞している。

コンサートとオペラ公演を合わせて128公演が予定されており、そのうち50公演を首席指揮者・芸術監督のキリル・ペトレンコが指揮する。シーズンの開幕を飾るのは、ブルックナーの生誕200年を祝い、ペトレンコ指揮のブルックナーの交響曲第5番。

新シーズンにオーケストラ・デビューする指揮者は、山田の他、マリン・アルソップ、ヨアナ・マルヴィッツ。「アーティスト・イン・レジデンス」はピアノのチョ・ソンジン、「コンポーザー・イン・レジデンス」はヴォルフガング・リーム。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra. Picture: Benjamin Ealovega


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  2. アケルスベルガ発 〓 アップル・ミュージックが創立50周年迎えたスウェーデンの名門レーベル「BIS」を買収

  3. ザールブリュッケン発 〓 ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルの首席クラリネットに19歳の小林りゅうた

  4. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  5. ムンバイ発 〓 若手歌手のための「オペラリア」、2024年はインドのムンバイで

  6. ニューヨーク発 〓 ズヴェーデンが2023/2024シーズンでニューヨーク・フィルの音楽監督を退任

  7. ロンドン発 〓 ソプラノのヨンチェヴァがウィグモアホールへの出演をツイッターで訂正

  8. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  9. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が26日から活動再開

  10. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの楽団員が基本給の25%カットに同意

  11. ロンドン発 〓 ネトレプコとの共演断られ、夫君のエイヴァゾフが新制作のロイヤル・オペラ《イル・トロヴァトーレ》を降板

  12. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  13. バルセロナ発 〓 指揮者のジョセップ・ポンスがリセウ大劇場との契約を延長

  14. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  15. パリ発 〓 ピアニストの亀井聖矢、「ロン=ティボー国際音楽コンクール」で韓国のイ・ヒョクと第1位を分け合う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。