ライプツィヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管のコンサートをキャンセル、代役でスザンナ・マルッキがオーケストラ・デビュー

2022/06/30

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester Leipzig)が指揮者のヘルベルト・ブロムシュテット(Herbert Blomstedt)のキャンセルを発表した。ブロムシュテットは先週、転倒して入院。オーケストラの発表によると、退院後もリハビリが必要という。

ブロムシュテットは1998年から2005年にかけてオーケストラの首席指揮者を務め、現在は名誉指揮者。7月11日に95歳の誕生日を迎えた後、今回の客演では、15日、16日の「エアレーベン」コンサートを指揮する予定だった。

代役に立つのはフィンランドの指揮者スザンナ・マルッキで、初の客演となる。元々は2021年6月にオーケストラ・デビューする予定だったが、新型コロナの世界的流行で中止されていた。

ゲヴァントハウスでは10日から、ブロムシュテットを追いかけたドキュメンタリー映画「Wenn die Musik tönt, wird die Seele angesprochen=音楽が鳴るとき、魂に語りかける」の公開が始まる。

写真:Gewandhausorchester Leipzig / MDR / Gert Mothes


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  2. ロサンゼルス発 〓 ハンス・ジマーが2度目の「アカデミー賞」作曲賞受賞、映画「DUNE デューン 砂の惑星」の音楽で

  3. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ, ロシアのバス歌手

  4. ミラノ発 〓 スカラ座がシーズン開幕ガラ・コンサートのプログラムを発表

  5. 浜松発 〓 浜松国際ピアノ・コンクールが第11回の開催中止を発表

  6. マドリード発 〓 スペインがドミンゴ排除 !?

  7. リューベック発 〓 リューベック歌劇場の音楽総監督にシュテファン・ヴラダー

  8. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  9. ハンブルク発 〓 ハンブルグ交響楽団がアルゲリッチ迎えて「6月音楽祭」を創設

  10. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

  11. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  12. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  13. ボローニャ発 〓 ボローニャ市立歌劇場が音楽監督にオクサーナ・リーニフ

  14. ウィーン発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズがついにウィーン・フィルを指揮

  15. 台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。