ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが《マゼッパ》の公演を断念、新型コロナで主役降板

2021/05/12

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker )がチャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》の公演のキャンセルを発表した。主役マゼッパを歌う予定だったバリトンのヴラジスラフ・スリムスキー(Vladislav Sulimsky)に新型コロナの陽性反応が出てたことを受けて。発表では、代役を見付けることが不可能としている。

今回の《マゼッパ》元々、4月のバーデン=バーデン復活祭音楽祭でキリル・ペトレンコ指揮のベルリン・フィルによってコンサート形式で上演される予定だったもの。しかし、ドイツ政府の新型コロナ対策を受けて上演が5月6日と9日に延期され、さらにそれも新型コロナ対策の延期を受けて中止された。

そこでベルリン・フィルは14日に本拠地フィルハーモニーで公演を行い、それをオーケストラの配信プラットホーム「デジタル・コンサートホール」でライブ・ストリーミングする予定だった。オルガ・ペレチャッコ、ドミトリー・ゴロブニン、アレクサンドル・クラヴェッツ、アントン・ロシツキーというキャストが組まれていた。

写真:Latvian National Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  2. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  3. ワシントン発 〓 クリスティーン・ゴーキーにフランス政府の芸術文化勲章シュヴァリエ章

  4. リエージュ発 〓 ワロン王立オペラが「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  5. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  6. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  7. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  8. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  9. ボン発 〓 ベートーヴェン・フェスティバルが2021年のスケジュールを発表

  10. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  11. 訃報 〓 クリスティアン・シュターデルマン(60)ドイツのヴァイオリン奏者

  12. モントリオール発 〓 モントリオール響が空港の駐車場でコンサート

  13. ワルシャワ発 〓 ポーランドもロックダウンへ

  14. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールがハレルを偲ぶオンライン演奏会

  15. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。