訃報 〓 パウル=ハインツ・ディートリヒ, ドイツの作曲家

2020/12/30

ドイツの作曲家パウル=ハインツ・ディートリヒ(Paul-Heinz Dittrich)28日、ベルリンで亡くなった。90歳だった。東ベルリンを拠点に活動し、1983年に西ドイツのドナウエッシンゲン音楽祭から東ドイツの作曲家として初めて作曲委嘱を受けるなど、旧・東ドイツを代表する作曲家の一人だった。

ザクセン州ゴルンスドルフの生まれで、ライプツィヒ音楽院(現在のフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学ライプツィヒ)で作曲と指揮を学んだ後、東ベルリンのベルリン芸術アカデミーで学んだ。その後、東ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の助手となるが、1976年に共産主義政権からの誘いを拒んで解雇され、作曲活動を本格化させた。

1981年にロックフェラー財団が設立したイタリアのベラージオ。センターに招かれ、1983年にはドナウエッシンゲン音楽祭から作曲委嘱を受け、1984年にはピエール・ブーレーズとソルボンヌ大学に招かれ、IRCAM(フランス国立音響音楽研究所)に招かれて世界的に知られるようになった。

1983年からはベルリン芸術アカデミーに戻って多くの学生を育て、1991年にはラインスベルク音楽アカデミーを設立、芸術監督を務めた。作曲活動はオーケストラ作品から電子楽器作品まで幅広く、80歳を記念したコンサートでは1970年代、1990年代の作品などが演奏された他、2014年には、ベルリン州立歌劇場で彼の作品に焦点を当てた演奏会が行われている。

写真:www.paulheinzdittrich.de


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  2. ロンドン発 〓 ギルドホール音楽演劇学校が休校、教員に感染者

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第9週のラインナップ発表

  4. フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  6. ロッテルダム発 〓 音楽メッセ「クラシカル・ネクスト」が中止を発表

  7. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  8. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがチケット発売延期

  9. 東京発 〓 東京都交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  10. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  11. ベルゲン発 〓 指揮者のエドワード・ガードナーがベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団との契約を延長

  12. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  13. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  14. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  15. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョの大規模改修工事スタート、2022年9月まで閉館

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。