訃報 〓 パウル=ハインツ・ディートリヒ, ドイツの作曲家

2020/12/30

ドイツの作曲家パウル=ハインツ・ディートリヒ(Paul-Heinz Dittrich)28日、ベルリンで亡くなった。90歳だった。東ベルリンを拠点に活動し、1983年に西ドイツのドナウエッシンゲン音楽祭から東ドイツの作曲家として初めて作曲委嘱を受けるなど、旧・東ドイツを代表する作曲家の一人だった。

ザクセン州ゴルンスドルフの生まれで、ライプツィヒ音楽院(現在のフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学ライプツィヒ)で作曲と指揮を学んだ後、東ベルリンのベルリン芸術アカデミーで学んだ。その後、東ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の助手となるが、1976年に共産主義政権からの誘いを拒んで解雇され、作曲活動を本格化させた。

1981年にロックフェラー財団が設立したイタリアのベラージオ。センターに招かれ、1983年にはドナウエッシンゲン音楽祭から作曲委嘱を受け、1984年にはピエール・ブーレーズとソルボンヌ大学に招かれ、IRCAM(フランス国立音響音楽研究所)に招かれて世界的に知られるようになった。

1983年からはベルリン芸術アカデミーに戻って多くの学生を育て、1991年にはラインスベルク音楽アカデミーを設立、芸術監督を務めた。作曲活動はオーケストラ作品から電子楽器作品まで幅広く、80歳を記念したコンサートでは1970年代、1990年代の作品などが演奏された他、2014年には、ベルリン州立歌劇場で彼の作品に焦点を当てた演奏会が行われている。

写真:www.paulheinzdittrich.de


関連記事

  1. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  2. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  3. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第53週

  5. 訃報 〓 フランツ・マズラ, オーストリアのバス・バリトン歌手

  6. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  7. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  8. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  9. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2月のストリーミング・スケジュールを発表

  10. トビリシ発 〓 ヴァイオリンのバティアシュヴィリが母国ジョージアに若い音楽家を支援するための財団を設立

  11. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラの次期音楽監督にポーランドの指揮者マルタ・ガルドリンスカ

  12. ベルリン発 〓 ベルリン交響楽団の次期首席指揮者にハンスイェルク・シェレンベルガー

  13. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  14. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  15. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。