ロンドン発 〓 エンシェント室内管の音楽監督にローレンス・カミングス

2020/12/30

イギリスのオリジナル楽器オーケストラ、エンシェント室内管弦楽団(The Academy of Ancient Music)が新しい音楽監督に指揮者でチェンバリストのローレンス・カミングス(Laurence Cummings)を迎えることになった。2006年からその任にあったチェンバロ奏者のリチャード・エガーの後任で、任期は2021/22シーズンから。

カミングスはイギリス古楽界の名匠として名を馳せるヘンデルのスペシャリスト。1999年からロンドン・ヘンデル音楽祭の音楽監督、2012年からはゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭の音楽監督を務める。2012年まではロンドンの王立音楽院の歴史的演奏の責任者も務めていた。

エンシェント室内管は1973年、チェンバロ奏者で指揮者のクリストファー・ホグウッドによってロンドンで創設された団体。その名前は、17世紀以前の音楽を研究、演奏するため、1726年に作曲家のヨハン・クリストフ・ペープシュらがロンドンで創立した団体にちなむ。2014年に亡くなるまで、ホグウッドは名誉音楽監督を務めていた。

写真:BBC / Robert Workman

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  2. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  3. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラがバーミンガム市響を退任

  4. マルティナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭が開催を決定

  5. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手指揮者ギールデ・シュレカイテ

  6. ザルツブルク発 〓 オーストリア政府、祝祭大劇場などの改修工事に10年300億円強

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. マドリッド発 〓 ドミンゴがSNSで新型コロナウイルス感染を明らかに

  9. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  10. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  11. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  12. ミラノ発 〓 スカラ座の《サロメ》は指揮者がメータからシャイーに

  13. 訃報 〓 ガブリエル・フムラ, ポーランドの指揮者

  14. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  15. 訃報 〓 パウル=ハインツ・ディートリヒ, ドイツの作曲家

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。