ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

2019/11/03

列車に置き忘れてしまい、10月22日から行方不明になっていた英国のヴァイオリニスト、スティーブン・モリス(Stephen Morris)のヴァイオリンが11月1日夜、彼の手元に戻った。イギリス運輸警察は10月28日に列車からそのヴァイオリンを持って降りた青年の画像を公開。すると本人からモリスに連絡が入り、ベッケンハムの駐車場で手渡されたという。警官もその場に立ち会っていたが、青年から謝罪があり、ヴァイオリンが返還されたことを受け、「これ以上は何もしない」という。

英国での報道によると、置き忘れたヴァイオリンは、1709年にイタリア・ローマの名工ダビド・テクラー(David Tecchler)が製作したもの。時価25万ポンド(約3500万円)の価値があるとされる。モリスは22日、ロンドンのヴィクトリア駅から自転車と一緒にオーピントン行きの列車に乗り込み、ペンジ・イースト駅で下車。自転車にまたがって列車内にヴァイオリンを置き忘れたことに気付き、警察に届け出ていた。

モリスは「007」シリーズや「ロード・オブ・ザ・リング」といった映画音楽の録音、デヴィッド・ボウイ、スティービー・ワンダーといったミュージシャンと舞台をともにしてきた大物。先週末はアンドレア・ボチェッリの公演でロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターを務めたが、公演にはヴァイオリニストである夫人から楽器を借りて演奏したという。

写真:BBC

関連記事

  1. グラインドボーン発 〓 音楽祭が2023年の国内ツアーをキャンセル

  2. ストックホルム発 〓 ダニエル・ハーディングがスウェーデン放送交響との契約を延長

  3. ロンドン発 〓 王立音楽院がパッパーノ、カウフマンに名誉博士号

  4. グラスゴー発 〓 トマス・ダウスゴーまた離任、BBCスコティッシュ交響楽団が後任にライアン・ウィグルスワース

  5. ロンドン発 〓 指揮者のジャン・レイサム=ケーニックが児童に対する性犯罪の疑いで逮捕された

  6. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  7. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  8. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  9. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルの次期芸術監督にニコラ・ベネデッティ、初の女性、初のスコットランド人、初の現役音楽家

  10. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  11. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはカザフスタンのアリム・バイゼンバエフが優勝、小林海都が2位に

  12. グラインドボーン音楽祭 〓 音楽祭の開幕延期を決定

  13. ボーンマス発 〓 指揮者のキリル・カラビッツが来夏でボーンマス響の首席指揮者を退任

  14. バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

  15. マンチェスター発 〓 英国のハレ管弦楽団が新しい指揮者コンクール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。