訃報 〓 ジョン・キンセラ(89)アイルランドの作曲家

2021/11/12
【最終更新日】2023/02/06

アイルランドを代表する作曲家の一人、ジョン・キンセラ(John Kinsella)が11月9日に亡くなった。89歳だった。作曲家のかたわら、アイルランド放送協会(RTÉ)の音楽部門の責任者、アイルランドのトップオーケストラであるRTÉ国立交響楽団のトップも務め、戦後のアイルランド音楽界を支えた。

キンセラは1932年、ダブリンの生まれ。ダブリン大学でヴィオラと和声、対位法を学び、そのかたわら作曲を独学で身に着けた。初期は当時の前衛的な作風からスタートするも徐々に離反。その背景には、1968年にアイルランド放送協会の音楽部門のシニア・アシスタントに就任し、楽曲管理の仕事を通じて現代音楽の潮流に触れ、それに幻滅していったとされる。

1983年から1988年にかけてRTÉ国立交響楽団のトップを務めた後、作曲活動に専念。オーケストラ曲と室内楽を中心に数多くの作品を残し、「アイルランド最高の交響曲作曲家」とされる。最後の交響曲第11番を2019年に発表していた。

写真:National Concert Hall / RTE National Symphony Orchestra


関連記事

  1. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が音楽監督のジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  2. ローマ発 〓 アントニオ・パッパーノがサンタ・チェチーリア国立アカデミー管の首席指揮者を退任

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月に米国ツアー、海外ツアーは4年ぶり

  5. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  6. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  7. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  8. 東京発 〓 新国立劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ポズナン発 〓 第16回「ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」で前田妃奈が優勝

  10. トロント発 〓 トロント響がアンドルー・デイヴィスにサプライズ・プレゼント

  11. ミラノ発 〓 音楽監督のリッカルド・シャイーが反論、ウクライナ領事のスカラ座《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め要請に

  12. ミラノ発 〓 スカラ座がヴィットリオ・グリゴーロのリサイタルをライブ・ストリーミング

  13. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  14. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  15. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。