訃報 〓 ジョン・キンセラ(89)アイルランドの作曲家

2021/11/12
【最終更新日】2023/02/06

アイルランドを代表する作曲家の一人、ジョン・キンセラ(John Kinsella)が11月9日に亡くなった。89歳だった。作曲家のかたわら、アイルランド放送協会(RTÉ)の音楽部門の責任者、アイルランドのトップオーケストラであるRTÉ国立交響楽団のトップも務め、戦後のアイルランド音楽界を支えた。

キンセラは1932年、ダブリンの生まれ。ダブリン大学でヴィオラと和声、対位法を学び、そのかたわら作曲を独学で身に着けた。初期は当時の前衛的な作風からスタートするも徐々に離反。その背景には、1968年にアイルランド放送協会の音楽部門のシニア・アシスタントに就任し、楽曲管理の仕事を通じて現代音楽の潮流に触れ、それに幻滅していったとされる。

1983年から1988年にかけてRTÉ国立交響楽団のトップを務めた後、作曲活動に専念。オーケストラ曲と室内楽を中心に数多くの作品を残し、「アイルランド最高の交響曲作曲家」とされる。最後の交響曲第11番を2019年に発表していた。

写真:National Concert Hall / RTE National Symphony Orchestra


関連記事

  1. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ(84)米国の作曲家

  2. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  4. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー(75)オーストラリアの演出家

  5. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  6. 訃報 〓 ルイス・デ・パブロ(91)スペインの作曲家

  7. ミラノ発 〓 スカラ座の次シーズンのアウトラインが明らかに。48年ぶりに《ノルマ》が復活

  8. ポズナン発 〓 第16回「ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」で前田妃奈が優勝

  9. 訃報 〓 ペーター・マスース(74)オランダのトランペット奏者、コンセルトヘボウ管弦楽団の元首席奏者

  10. ミラノ発 〓 指揮者ジョン・ウィリアムズがイタリア・デビュー、スカラ・フィルを指揮して

  11. トロント発 〓 トロント交響楽団の音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  12. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  13. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  14. ルツェルン発 〓 夏の音楽祭の中止決まる

  15. ハンブルグ発 〓 ハンブルグ市がメルケル首相をテーマにしたオペラを制作

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。