ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

2019/09/19
【最終更新日】2021/06/18

英国の指揮者エドワード・ガードナー(Edward Gardner)が首席指揮者を務めるノルウェーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団(Bergen Philharmonic Orchestra)との契約を延長した。首席指揮者に就任したのは2015年で、任期は2023年まで伸びる。

ガードナーは2021/2022シーズンから、ウラディーミル・ユロフスキ(Vladimir Jurowsky)の後任として、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(London Philharmonic Orchestra)の首席指揮者に就任することが決まっている。

写真:Askonas Holt


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  2. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  3. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  4. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  5. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  6. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  7. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  8. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  9. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  10. ベルゲン発 〓 指揮者のエドワード・ガードナーがベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団との契約を延長

  11. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  12. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  13. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  14. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  15. オスロ発 〓 オスロ・フィルが次期首席指揮者に弱冠22歳のクラウス・マケラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。