コペンハーゲン発 〓 「ニコライ・マルコ国際指揮者コンクール」で韓国のサミュエル・スンワン・リーが優勝

2024/04/24

4月14日から本選が行われていたデンマークの「ニコライ・マルコ国際指揮者コンクール」で20日、韓国の指揮者サミュエル・スンワン・リー(Samuel Seungwon Lee)が優勝した。2位はコロンビアのアナ・マリア・パティーニョ=オソリオ(Ana Maria Patiño-Osorio)3位に中国のドン・チャオが入賞した。優勝賞金は2万ユーロ(約331万円)。

コンクールは1965年、ウクライナ出身でデンマーク放送交響楽団(デンマーク国立交響楽団)の創設、拡大、発展に大きく貢献したニコライ・マルコの業績を記念して創設されたもの。放送響の主催で3年ごとに開催されている。今回の20ヶ国から24人が本選に進み、審査委員長を2017年から首席指揮者を務めるファビオ・ルイージが務めた。

優勝したリーはソウル生まれの34歳。4歳からヴァイオリンとピアノを始め、2007年からベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でヴィオラをタベア・ツィンマーマンに、指揮をクリスティアン・エーヴァルトに学んだ。その後、「ノヴス・カルテット」のメンバーとして活動、2018年から本格的に指揮活動を始め、2022年から米国のシンシナティ交響楽団の副指揮者を務めている。

写真:Malko Competition


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  2. ストラスブール発 〓 初演200年を迎えた《第九》を、「Arte」が4都市4オーケストラの映像を繋いで放送

  3. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  4. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  5. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  7. ケルン発 〓 ケルンWDR響の次期首席指揮者にフランスの女流指揮者マリー・ジャコー

  8. ワルシャワ発 〓 「ショパン国際ピアノ・コンクール」本選進出者12人決まる、日本からは小林と反田

  9. ポズナン発 〓 ポズナン・フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にウカシュ・ボロヴィチ

  10. レイキャビック発 〓 アイスランド響の首席指揮者兼芸術監督にソプラノ歌手、指揮者として活躍するバーバラ・ハンニガン

  11. ボストン発 〓 空席が続いていたボストン響のコンサートマスターにネイサン・コール

  12. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  13. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. 訃報 〓 ジョセフ・ブルバ(77)チェコ出身のピアニスト

  15. ミラノ発 〓 スカラ座が音楽監督のリッカルド・シャイーとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。