ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

2020/09/02

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が1日、プラシド・ドミンゴの来年1月の出演が最期になると発表した。最後の公演は、彼の80歳の誕生日(1月21日)の直前の、11日、14日、19日に上演されるヴェルディ《ナブッコ》。

ドミンゴの国立歌劇場デビューは1967年5月19日。ヴェルディ《ドン・カルロ》に出演している。昨年、ドミンゴがセクシャル・ハラスメントで糾弾された際、多くの劇場が出演をキャンセルする中、ドミニク・マイヤーが率いた国立歌劇場は出演を見合わせることはしなかった。

国立歌劇場の新シーズンは、総裁がボグダン・ロシュチッチ(Bogdan Roscic)、音楽監督がフィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan)に交代して最初のシーズン。ドミンゴは、この9月にもヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》への出演が予定されている(9日、12日、15日、18日)。

写真:Javier Del Real


関連記事

  1. ロンドン発 〓 スターンが所有していた「ヴィヨーム」がオンライン・オークションに

  2. 訃報 〓 オトマール・マーガ, ドイツの指揮者

  3. 訃報 〓 グレアム・ヴィック, イギリスの演出家

  4. 訃報 〓 ジャンナ・ロランディ, アメリカのソプラノ歌手

  5. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  6. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノコンクールの予備予選終了、日本からは14人が本大会へ

  8. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  9. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

  11. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  12. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  13. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  14. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  15. 訃報 〓 ガブリエル・バキエ, フランスのバリトン歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。