ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

2020/09/02

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が1日、プラシド・ドミンゴの来年1月の出演が最期になると発表した。最後の公演は、彼の80歳の誕生日(1月21日)の直前の、11日、14日、19日に上演されるヴェルディ《ナブッコ》。

ドミンゴの国立歌劇場デビューは1967年5月19日。ヴェルディ《ドン・カルロ》に出演している。昨年、ドミンゴがセクシャル・ハラスメントで糾弾された際、多くの劇場が出演をキャンセルする中、ドミニク・マイヤーが率いた国立歌劇場は出演を見合わせることはしなかった。

国立歌劇場の新シーズンは、総裁がボグダン・ロシュチッチ(Bogdan Roscic)、音楽監督がフィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan)に交代して最初のシーズン。ドミンゴは、この9月にもヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》への出演が予定されている(9日、12日、15日、18日)。

写真:Javier Del Real


関連記事

  1. ロンドン発 〓 エンシェント室内管の音楽監督にローレンス・カミングス

  2. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー, オランダのヴァイオリン奏者

  3. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  4. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ストックホルム発 〓 トランペットの清水慶太郎がスウェーデン王立歌劇場の首席奏者に

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ニューヨーク発 〓 音楽マネージメント大手コロンビア・アーティスツが経営破綻

  9. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  10. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  11. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  12. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ&ウィーン・フィルのライブCD発売へ

  13. パリ発 〓 パリ国立オペラが新制作の《アイーダ》をストリーミング配信

  14. バンベルク発 〓 バンベルク響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、6月に日本ツアーも

  15. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。