ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2023」を発表

2023/09/29

ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」が「オブ・ザ・イヤー2023」を発表した。「オブ・ザ・イヤー」は欧米の音楽関係の評論家や記者50名の記名投票で選ばれている。主な受賞者は以下の通り。

[オペラハウス]
 フランクフルト市立オペラ
 =7度目の受賞、合唱団も同時受賞

[歌手]
 ミヒャエル・ヴォッレ(バリトン)
 =2008年、2014年に続いて3度目の受賞。《ニーベルングの指環》のヴォータン役、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》のハンス・ザックス役などの歌唱と演技が評価されて

[若手歌手]
 コンスタンチン・クリムメル(バリトン)
 =モーツァルト、細川、ハースらの作品での好演が評価されて

[プロダクション]
 バイエルン州立オペラのプロコフィエフ《戦争と平和》
 =ドミトリー・チャルニャコフ演出

[演出家]
 ドミトリー・チャルニャコフ
 =バイエルン州立オペラのプロコフィエフ《戦争と平和》などの演出で受賞

[初演]
 トゥルヌミール《トリスタンの伝説》
 =フランスの作曲家シャルル・トゥルヌミール(1870-1939)の作曲から約100年を時を経て、ウルム市立劇場で初演

 ヴィト・ジュライ《花》
 =ヴィト・ジュライ(1979-)はスロヴェニア・マリボル生まれの作曲家。フランクフルト市立オペラがブリギッテ・ファスベンダーの演出で初演

[再発見]
 シュテファン《最初の人間たち》
 =《最初の人間たち》は28歳の若さで戦死したドイツの作曲家ルディ・シュテファン(1887ー1915)の唯一のオペラ。1914年の作品とされるが、1920年にフランクフルトで初演され、その103年後にフランクフルトで再演された

[指揮者]
 キリル・ペトレンコ
 =2020年と2022年に続いて3度目の受賞。バーデン=バーデン復活祭音楽祭で上演されたリヒャルト・シュトラウス《影のない女》の解釈が評価されて

写真:Oper Frankfurt / Matthias Baus


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. エルサレム発 〓 イスラエルで新型ウイルスの感染再拡大、エルサレム室内楽音楽祭中止へ

  2. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  3. ジュネーブ発 〓 第75回「ジュネーヴ国際コンクール」のチェロ部門で、ドイツ在住の上野通明が優勝

  4. ニュルンベルク発 〓 演出家のペーター・コンヴィチュニー、初日前にまた解任される

  5. ニュルンベルグ発 〓 ヨアナ・マルヴィッツが任期満了をもって州立劇場の音楽総監督を退任

  6. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  7. ローマ発 〓 ムーティがコンテ首相に劇場再開を求める公開書簡

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がシーズン閉幕を宣言、夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルも中止

  9. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  10. 訃報 〓 エディト・パイネマン(85)ドイツのヴァイオリニスト

  11. ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

  12. ボーンマス発 〓 ボーンマス響の首席客演指揮者にマーク・ウィッグルスワース

  13. カラカス発 〓 「エル・システマ」がギネス記録に挑戦、12,000人が会する超ド級演奏会

  14. ハンブルク発 〓 州立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、開幕は新制作の《ボリス・ゴドノフ》

  15. ドレスデン発 〓 指揮者のヤノフスキがドレスデン・フィルとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。