ウィーン発 〓 国立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/04

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は以下の5作品で、モンテヴェルディの《オルフェオ》は劇場初演。パブロ・エラス=カサドがウィーン・コンツェントゥス・ムジクスを指揮する。

9月28日 – 10月14日
ロッシーニ《セビリアの理髪師》
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[演出]ヘルベルト・フリッチュ
[出演]ファン・ディエゴ・フローレス / マリアンヌ・クレバッサ / ダヴィデ・ルチアーノ / パオロ・ボルドーニャ / イルダル・アブドラザコフ

12月5日 – 12月20日
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
[指揮]フィリップ・ジョルダン
[演出]バリー・コスキー
[出演]ハンナ=エリーザベト・ミュラー / ケイト・リンゼー / フィリップ・スライ / カイル・ケテルセン / アイン・アンガー / スタニスラス・ド・バルベイラク / パトリシア・ノルツ / ペーター・ケルナー

2022年3月21日 – 4月3日
ベルク《ヴォツェック》
[指揮]フィリップ・ジョルダン
[演出]サイモン・ストーン
[出演]アニャ・カンペ / クリスティーナ・ボック / クリスティアン・ゲルハーヘル

4月14日 – 5月1日
ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》
[指揮]フィリップ・ジョルダン
[演出]カリスト・ビエイト
[出演]アンドレアス・シャーガー / マルティナ・セラフィン / ルネ・パーペ / エカテリーナ・グバノヴァ / イアン・パターソン

6月11日 – 6月18日
モンテベルディ《オルフェオ》
[指揮]パブロ・エラス=カサド
[演出]トム・モリス
[出演]ゲオルク・ニグル / スラヴカ・ザミクナイコーヴァ / ケイト・リンゼー / クリスティーナ・ボック / アンドレア・マストローニ

写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  2. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  3. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  4. バーデン=バーデン発 〓 来年の復活祭音楽祭のオペラはチャイコフスキー《マゼッパ》

  5. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  6. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  7. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  8. 訃報 〓 セルゲイ・ドレンスキー, ロシアのピアニスト

  9. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  10. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが1年ぶりに聴衆入れる屋内コンサート

  11. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  12. 訃報 〓 ミレッラ・フレーニ, イタリアのソプラノ歌手

  13. ローマ発 〓 ムーティがコンテ首相に劇場再開を求める公開書簡

  14. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  15. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウがリベンジへ、来年5月に「マーラー・フェスティバル」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。