マグデブルク発 〓 主役歌手二人のキャンセルでマグデブルク劇場が公演さしかえ

2019/02/18
【最終更新日】2024/05/01

ドイツのマグデブルク劇場(Theaters Magdeburg)で16日、主役歌手二人が出演をキャンセルしたことから、予定された《オテロ》の上演が中止された。

キャンセルしたのは、オテロ役のテノール歌手アルド・ディ・ トーロ(Aldo Di Toro)、デズデモーナ役のラファエラ・リンテル(Raffaela Lintl)の二人で、どちらも体調不良が原因でキャンセルしたという。

今回の《オテロ》はオリビア・フックス演出のプロダクションで、この日が再演初日だった。急な話に代役が見つからず、劇場は元々予定されていたキンボー・イシイの指揮で、《オテロ》に代えて《ラ・ボエーム》を上演したという。

写真:Theaters Magdeburg / Nilz Bohme





関連記事

  1. プロヴディフ発 〓 ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァに名誉市民の称号

  2. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  3. レイクシティ発 〓 パイプオルガン大手ドブソン本社が全焼

  4. ザールブリュッケン発 〓 ザールラント州立劇場が音楽総監督のセバスティアン・ルランとの契約を延長

  5. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ(83)ロシアのバス歌手

  6. 訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール(88)フランスのソプラノ歌手

  7. エーテボリ発 〓 エーテボリ歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ブカレスト発 〓 指揮者のクリスティアン・マチェラルが母国のエネスク国際音楽祭の芸術監督に

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第3週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《パルジファル》も

  10. ライプチヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管とシューベルト、ベルワルドの交響曲全集

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立バレエ団が空席の監督にローラン・イレール

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  13. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  14. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  15. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。