ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/04/26

ウィーン国立歌劇場(Vienna State Opera)は、9月からの新シーズン、2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新シーズンは総裁がボグダン・ロシュチッチ(Bogdan Roscic)、音楽監督がフィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan)に交代して最初のシーズン。新制作は以下の通り。


プッチーニ《蝶々夫人》
9月7日 →
演出:アンソニー・ミンゲラ
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:アスミク・グリゴリアン / ヴィルジニー・ヴェレーズ / ボリス・ピンハソヴィチ


モーツァルト《後宮からの逃走》
10月12日 →
演出:ハンス・ノイエンフェルス
指揮:アントネッロ・マナコルダ
出演:リセッテ・オロペサ / ゴラン・ユーリッチ / レグーラ・ミューレマン


チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》
10月25日 →
演出:ドミトリー・チェルニャコフ
指揮:トマーシュ・ハヌス
出演:アンナ ゴリャチョーワ / ボグダン・ヴォルコフ / ディミトリー・イヴァシュシェンコ


ヘンツェ《裏切られた海》
12月13日 →
演出:ヨッシ・ヴィーラー&セルジオ・モラビト
指揮:シモーネ・ヤング
出演:ヴェラ=ロッテ・ボエカー / ジョシュ・ラヴェル / ボー・スコウフス


ビゼー《カルメン》
2021年2月6日 →
演出:カリスト・ビエイト
指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ
出演:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / チャールズ・カストロノーヴォ / アーウィン・シュロット


ヴェルディ《椿姫》
2021年3月4日 →
演出:サイモン・ストーン
指揮:ジャコモ・サグリパンティ
出演:プリティ・イェンデ / フレデリック・アントゥーン / イゴール・ゴロヴァテンコ


ワーグナー《パルジファル》
2021年4月1日 →
演出:キリル・セレブレンニコフ
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演;ヨナス・カウフマン / ゲオルク・ツェッペンフェルト / エリーナ・ガランチャ


グノー《ファウスト》
2021年4月23日 →
演出:フランク・カストルフ
指揮:ベルトラン・ド・ビリー
出演:ファン・ディエゴ・フローレス / ニコール・カー / アダム・パルカ


モンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》
2021年5月22日 →
演出:ヤン・ロワース
指揮:パブロ・エラス=カサド
出演:ケイト・リンゼー / スラヴカ・ザミクナイコーヴァ / ウイラード・ホワイト


ヴェルディ《マクベス》
2021年6月10日 →
演出:バリー・コスキー
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:ルカ・サルシ / ロベルト・タリアヴィーニ / アンナ・ネトレプコ


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 ワシントン・ナショナル響が日本公演を中止

  2. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  3. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  4. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  5. モスクワ発 〓 ロシアも連邦機関、博物館、劇場を閉鎖

  6. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  7. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  8. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  9. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  10. ヴェルビエ発 〓 音楽祭が緊急救援基金起ち上げ、コロナ禍で苦境のフリー・アーティストに支援金

  11. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  12. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  13. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  14. 東京発 〓 新国立劇場も閉鎖

  15. クレモナ発 〓 ヴァイオリニストの横山令奈が地元の病院の屋上で世界に癒やしの調べ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。