ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/04/26

ウィーン国立歌劇場(Vienna State Opera)は、9月からの新シーズン、2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新シーズンは総裁がボグダン・ロシュチッチ(Bogdan Roscic)、音楽監督がフィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan)に交代して最初のシーズン。新制作は以下の通り。


プッチーニ《蝶々夫人》
9月7日 →
演出:アンソニー・ミンゲラ
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:アスミク・グリゴリアン / ヴィルジニー・ヴェレーズ / ボリス・ピンハソヴィチ


モーツァルト《後宮からの逃走》
10月12日 →
演出:ハンス・ノイエンフェルス
指揮:アントネッロ・マナコルダ
出演:リセッテ・オロペサ / ゴラン・ユーリッチ / レグーラ・ミューレマン


チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》
10月25日 →
演出:ドミトリー・チェルニャコフ
指揮:トマーシュ・ハヌス
出演:アンナ ゴリャチョーワ / ボグダン・ヴォルコフ / ディミトリー・イヴァシュシェンコ


ヘンツェ《裏切られた海》
12月13日 →
演出:ヨッシ・ヴィーラー&セルジオ・モラビト
指揮:シモーネ・ヤング
出演:ヴェラ=ロッテ・ボエカー / ジョシュ・ラヴェル / ボー・スコウフス


ビゼー《カルメン》
2021年2月6日 →
演出:カリスト・ビエイト
指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ
出演:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / チャールズ・カストロノーヴォ / アーウィン・シュロット


ヴェルディ《椿姫》
2021年3月4日 →
演出:サイモン・ストーン
指揮:ジャコモ・サグリパンティ
出演:プリティ・イェンデ / フレデリック・アントゥーン / イゴール・ゴロヴァテンコ


ワーグナー《パルジファル》
2021年4月1日 →
演出:キリル・セレブレンニコフ
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演;ヨナス・カウフマン / ゲオルク・ツェッペンフェルト / エリーナ・ガランチャ


グノー《ファウスト》
2021年4月23日 →
演出:フランク・カストルフ
指揮:ベルトラン・ド・ビリー
出演:ファン・ディエゴ・フローレス / ニコール・カー / アダム・パルカ


モンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》
2021年5月22日 →
演出:ヤン・ロワース
指揮:パブロ・エラス=カサド
出演:ケイト・リンゼー / スラヴカ・ザミクナイコーヴァ / ウイラード・ホワイト


ヴェルディ《マクベス》
2021年6月10日 →
演出:バリー・コスキー
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:ルカ・サルシ / ロベルト・タリアヴィーニ / アンナ・ネトレプコ


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ハンスゲオルグ・シュマイザー(63)オーストリアのフルート奏者

  2. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  3. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  4. ハノーファー発 〓 北ドイツ放送フィルの次期首席指揮者にスタニスラフ・コチャノフスキー

  5. マンチェスター発 〓 カーチュン・ウォンが日フィルに続いて、ハレ管の首席指揮者に

  6. ロサンゼルス発 〓 女性指揮者描いた映画『TAR/ター』が作品賞を含めアカデミー賞6部門にノミネート

  7. ウィーン発 〓 アルベナ・ダナイローヴァが2024年元旦の「ニューイヤー・コンサート」のコンサートマスターに

  8. フィラデルフィア発 〓 ヤニック・ネゼ=セガンがフィラデルフィア管と契約更改、任期を2030年まで延長

  9. クリーブランド発 〓 クリーブランド管が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ響との契約を延長

  11. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  12. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  13. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  14. コペンハーゲン発 〓 ルイージがデンマーク放送響との契約延長

  15. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン響の次期音楽監督にジョセフ・バスティアン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。