バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

2019/10/21

ジョアン・ファレッタ(JoAnn Falletta)がバッファロー・フィルハーモニー管弦楽団(Buffalo Philharmonic Orchestra)との契約を延長した。ファレッタ1999年から音楽監督を務めており、今回の延長で任期は2026年まで伸びる。バッファロー・フィルはニューヨーク州北西部のバッファローを本拠地とするオーケストラ。1934年の設立で、歴代の音楽監督には、ウィリアム・スタインバーグ、ヨーゼフ・クリップス、マイケル・ティルソン・トーマス、セミヨン・ビシュコフらがいる。

ファレッタは1954年、ニューヨーク生まれ。7歳からクラシック・ギター、マンドリンを始め、マネス音楽学校でギターを学んだ後、ジュリアード音楽院、ニューヨーク市立大学クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド音楽学校で指揮法を学んだ。バッファロー・フィルと積極的に録音に取り組んでおり、ジョン・コリリアーノ作曲の「ミスター・タンブリンマン」の録音で2008年の「グラミー賞」最優秀現代作曲賞を受賞。2011~14年には英国北アイルランドのアルスター管弦楽団の首席指揮者を務めた。

写真:Buffalo Philharmonic Orchestra


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  2. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  3. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  4. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  5. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  7. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  9. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  11. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  12. パリ発 〓 マイケル・バレンボイムがミケランジェロ弦楽四重奏団のメンバーに、今井信子の後任

  13. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがチケット発売延期

  14. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア音楽院が東洋人の学生のレッスンを停止

  15. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭も中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。