訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ(46)旧ソ連出身のドイツのピアニスト

2019/10/01
【最終更新日】2023/02/16

ドイツの女流ピアニスト、ディナ・ウゴルスカヤ(Dina Ugorskaja)が9月17日、がんで亡くなった。46歳だった。父親はピアニストのアナトール・ウゴルスキ。母親のマヤ・エリクはシェーンベルクの《月に憑かれたピエロ》のソビエト初演で朗読を担当した音楽学者。

1973年、父親が活動していたソビエト時代のレニングラード(現在のサンクト・ペテルブルク)で生まれた。ウゴルスキは1982年から1990年までレニングラード音楽院の教授を務めた。

父親からピアノの手ほどきを受けた後、1980年からレニングラード音楽院に所属する特別音楽学校で学んだ。7歳でレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団フィルと共演して注目を集めた。

しかし、1980年後半からの体制改革運動「ペレストロイカ」の流れの中でソビエトでは反ユダヤ主義的な動きが表面化。脅威がウゴルスキと家族に及んできたことから、1990年に一家でドイツ・ベルリンに亡命した。

亡命後、ハンス・アイスラー音楽大学に進み、その後、デトモルト音楽大学へ。そのまま大学に残り、2002年から2007年まで講師を務めた。その後、ソロ活動のかたわら、2016/17シーズンからウィーン国立音楽演劇大学で、亡くなるまでピアノ科の教授を務めていた。

写真:BR-KLASSIK / Felix Broede


関連記事

  1. デュッセルドルフ発 〓 アクセル・コーバーが任期満了の2024年夏でライン・ドイツ・オペラの音楽総監督を退任

  2. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン・シュターツカペレの北米ツアーの指揮をキャンセル

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがコンサート形式による《マゼッパ》をストリーミング配信

  4. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  5. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップ発表、バレンボイム音楽監督30周年で新しい「リング」が登場

  6. フランクフルト発 〓 hr響が首席指揮者のアラン・アルティノグリュとの契約を延長

  7. ボン発 〓 ベートーヴェン・フェスティバルが2021年のスケジュールを発表

  8. ボン発 〓 ピアニストのマリア・ジョアン・ピレシュに2021年のベートーヴェン賞

  9. ペーネミュンデ発 〓 ニューヨーク・フィルが新型コロナの世界的流行以来初の海外公演、ドイツ・ウーゼドム音楽祭に客演

  10. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  11. 訃報 〓 ゲオルク・シュメーエ(81)ドイツの指揮者

  12. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー(78)オーストリアの指揮者

  13. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  14. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  15. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。