ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

2020/09/29
【最終更新日】2020/09/30

イタリアのバス・バリトン歌手アレックス・エスポージト(Alex Esposito)に28日、バイエルン州から「宮廷歌手」の称号が与えられた。バイエルン州の「宮廷歌手」の称号は1955年の創設で、優れた芸術的功績を讃えるもの。これまでに130人以上が受賞、最近では、2018年1月にアニャ・カンペ(Anja Kampe)に与えられている。

エスポージトはベルガモ生まれの45歳。俳優をめざした後、声楽の道に進んだ。母国のミラノ・スカラ座をはじめ、世界的な歌劇場への出演を重ねてきた。

バイエルン州立歌劇場には2009年にモーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》でレポレッロ役を演じてデビュー。その後、ロッシーニ《チェネレントラ》、モーツァルト《魔笛》、ドニゼッティ《ルクレツィア・ボルジア》、オッフェンバック《ホフマン物語》などに出演して、100回近くステージに立ってきた。

写真:Bayerische Staatsoper / Wilfried Hösl


関連記事

  1. バルセロナ発 〓 リセウ大劇場が新シーズンから有料のデジタル・プラットフォームを起ち上げ

  2. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が夏のオペラ・フェスティバルのスケジュールを発表

  4. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  5. 訃報 〓 グラハム・クラーク(81)英国のテノール歌手

  6. サモーラ発 〓 サモーラ歌劇祭が近隣の相次ぐ森林火災でオペラ上演を来年に延期

  7. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ(84)米国の作曲家

  8. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  10. パリ発 〓 国立オペラがバスティーユ歌劇場に作曲家サーリアホの記念スペース

  11. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響が史上初のヨーロッパ・ツアー

  12. 訃報 〓 ハンス・ドレヴァンツ(91)ドイツの指揮者

  13. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が夏のヨーロッパ・ツアーを中止

  14. ワルシャワ発 〓 「ショパン国際ピアノ・コンクール」本選進出者12人決まる、日本からは小林と反田

  15. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送交響楽団との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。