チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表、新しい「リング・チクルス」がスタート

2021/05/18
【最終更新日】2021/05/20

チューリッヒ歌劇場(Opernhaus Zürich)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。チューリッヒ歌劇場は毎シーズン、新制作のプロダクションを数多く送り出すことで鳴らしてきた歌劇場。新シーズンもその期待に違わず話題作が並ぶ。

中でも、注目を集めるのは、2020/2021シーズンから音楽監督に就任したジャナンドレア・ノセダの下で、新しいワーグナー《ニーベルングの指環》チクルスがスタートすること。新演出を手掛けるのは歌劇場の総監督を務めるアンドレアス・ホモキで、2022年4月に第1弾の《ラインの黄金》が登場する。


… ワーグナー《ニーベルングの指環》キャスト

  ヴォータン:トマス・コニエチュニー
  アルベリヒ:クリストファー・パーヴス
  ミーメ:ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケ
  フリッカ:パトリシア・バードン
  フレイヤ:キアンドラ・ホワース
  ローゲ:マティアス・クリンク
  エルダ:アンナ・ダニク
  ファフナー:オレグ・ダヴィドフ
  ファゾルト:デイヴィッド・ソアー
  ブリュンヒルデ:カミラ・ニールンド
  ジークリンデ:ケイティ・ファン・クーテン
  ジークムント:エリック・カトラー
  フンディング:クリフトフ・フィシェサー
  ジークフリート:クラウス・フロリアン・フォークト
  ハーゲン:デヴィッド・リー
  ギュンター:マーティン・ガントナー
  グートルーネ:アグネタ・アイヒェンホルツ
  ワルトラウテ:アグニエツカ・レーリス


9月12日 – 10月17日
リヒャルト・シュトラウス《サロメ》
出演:エレナ・スティッキナ / コスタス・スモリジナス / ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケ / ミヒャエラ・シュースター / マウロ・ペーター / シエナ・リヒト・ミラー
指揮:シモーネ・ヤング
演出:アンドレアス・ホモキ


10月24日 – 11月26日
ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》
出演:クイン・ケルシー / マリーナ・レベカ / アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / ピョートル・ベチャワ / ロベルト・ポマコフ / ボジェナ・ブイニツカ / オメル・コビリャク / Andrei Skliarenko
指揮:ジャナンドレア・ノセダ
演出:アデーレ・トーマス


11月13日 – 2022年1月16日
Leonard Evers《オデッセイ》
出演:ルーベン・ ドローレ  / アンドリュー・ムーア / デニズ・ウズン / シエナ・リヒト・ミラー / イレーネ・フリードリ / リリアーナ・ニキテアヌ / アンドリュー・オーエンス / ネイサン・ハラー / ツィーイー・ダイ / タチアナ・シュナイダー / バーナビー・レア / アレキサンダー・フレッツ / アレハンドロ・デル・アンヘル / ヴァレリー・ムルガ / チェイン・デヴィッドソン / オレグ・ダヴィドフ / フィリップ・マイヤー / エリカ・ペトロチェッリ
指揮:エドゥアルド・シュトラッサー / アン=カトリン・シュテッカー
演出:ライナー・ホルツアップフェル


11月5日 – 2022年1月13日
ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》
出演:ルカ・ピサローニ / ディアナ・ダムラウ / カリーヌ・デエ / スタニスラフ・ヴォロビヨフ / Alexey Neklyudov / ナデジュダ・カリャジナ / ネイサン・ハラー
指揮:エンリケ・マッツォーラ
演出:デヴィッド・オールデン


12月11日 – 2022年1月16日
ヨハン・シュトラウスⅡ《こうもり》
出演:トビアス・ボン / クリストフ・マルティ / フランツ・フリケル / マックス・グレッチ / リカルド・フレンツェル・バウディッシュ
 / ガブリエレ・リューフェル
指揮:カイ・ティーティエ
演出:ステファン・フーバー
 ※ベルンハルト劇場での上演


1月15日 – 2月26日
クリスチャン・スプーク《モンテヴェルディ》
出演:ローレン・フェイガン / ルイーズ・ケメニー / シエナ・リヒト・ミラー / アリエ・ヌスバウム・コーエン / エドガルド・モントヴィダス / アンソニー・グレゴリー
指揮:リッカルド・ミナージ


2月13日 – 3月5日
プーランク《カルメル派修道女の対話》
出演:ニコール・シュヴァリエ / オルガ・クルチンスカ / Thomas Erlank / エヴェリン・ヘルリツィウス / インガ・カルナ / アリス・ クート / Sandra Hamaoui / リリアーナ・ニキテアヌ / マルティン・ジセット / フレイア・アプフェルスタット / サヴェリ・アンドレーエフ / アレキサンダー・フレッツ / ヴァレリー・ムルガ / ヴラディスラフ・トゥルシュヒ / ヤニック・デブス
指揮:ティート・チェッケリーニ
演出:Jetske Mijnssen


3月6日 – 4月5日
ロッシーニ《アルジェのイタリア女》
出演:チェチーリア・バルトリ / ナデジュダ・カリャジナ / イルダル・アブドラザコフ / ローレンス・ブラウンリー / ニコラ・アライモ / イリヤ・アルトゥーホフ / レベッカ・オルヴェラ / シエナ・リヒト・ミラー.
指揮:ジャンルカ・カプアーノ
演出:パトリス・コリエ & モーシェ・ライザー


3月12日 – 3月19日
ペルゴレージ《オリンピアーデ》
出演:カルロ・アッレマーノ / ジョエル・ハーヴェイ / ローレン・スノーファー / アンナ・ボニタティブス / ヴィヴィカ・ジュノー / Thomas Erlank / デルフィーヌ・ガルー
指揮:オッターヴィオ・ダントーネ
演出:デヴィッド・マートン


4月3日 – 5月8日
シュテファン・ヴィルト《真珠の耳飾りの少女》 = 世界初演
出演:ローレン・スノーファー / トーマス・ハンプソン / ローラ・エイキン / フェリシティ・パーマー / ヤニック・デブス / レーネ・フリードリ / イアン・ミルン / サラ・キャッスル / リサ・タタン
指揮:ペーター・ルンデル
演出:テッド・ホフマン


4月30日 – 5月28日
ワーグナー《ラインの黄金》


5月5日 – 5月15日
ハイドン《月の世界》
出演:ヴラディスラフ・トゥルシュヒ / チェルシー・ツールフルー / ツィーイー・ダイ / フレイア・アプフェルスタット / Andrei Skliarenko / サヴェリ・アンドレーエフ / ルイス・マゼラン
指揮:ジョセフ・バスティアン
演出:菅尾友
 ※ヴィンタートゥール劇場での上演


6月1日 – 10日
ベッリーニ《海賊》
出演:Konstantin Shushakov / アルビナ・シャギムラトヴァ / ハヴィエル・カマレナ / アンドリュー・オーエンス / スタニスラフ・ヴォロビヨフ / シエナ・リヒト・ミラー
指揮:イバン・ロペス・レイノソ
演出:ヤンコ・カステリック


6月19日 – 7月10日
モーツァルト《フィガロの結婚》
出演:ダニエル・オクーリッチ / アニタ ・ハルティッヒ / モーガン・ピアース / ルイーズ・オルダー / レア・デサンドレ / マリン・ハルテリウス / ヨルク・フェリクス・シュペール / スペンサー・ラング / マルティン・ジセット / ツィーイー・ダイ / ルーベン・ドローレ
指揮:ステファノ・ モンタナーリ
演出:ジャン・フィリップ・グロガー


写真:Opernhaus Zürich


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが5月いっぱい閉鎖、「マーラー音楽祭」もお流れ

  2. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が首席客演指揮者にジェンマ・ニュー

  3. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  4. ヴェルビエ発 〓 音楽祭が緊急救援基金起ち上げ、コロナ禍で苦境のフリー・アーティストに支援金

  5. ロンドン発 〓 新型コロナウイルス感染のアンネ=ゾフィー・ムターがネット上でカルテット演奏

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  7. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  8. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  9. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  10. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ, イタリアのテノール歌手

  11. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場など、オーストリアの劇場閉鎖は3月末までに延長

  12. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  13. バルセロナ発 〓 スペイン放送協会がサグラダ・ファミリア大聖堂でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の特別コンサート

  14. ニューヨーク発 〓 全米は3月いっぱい公演キャンセル、アンドレ・リュウもツアー中止

  15. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。