ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

2019/09/15
【最終更新日】2019/10/17

ミュンヘン国際音楽コンクール(Internationaler Musikwettbewerb der ARD)のチェロ部門本選が13日に行われ、ベルリン芸術大学で学ぶ佐藤晴真(Haruma Sato)が第1位を獲得した。チェロ部門で日本人が1位を獲得するのは初めて。佐藤は名古屋市の出身の21歳。6歳からチェロを始め、内外のコンクールで受賞を重ね、2016年からベルリン芸術大学で学んでいる。

コンクールはドイツ公共放送連盟(ARD)の主催で、今回が68回。若手音楽家の登竜門として知られ、国際コンクールの中でも、最も権威のあるコンクールとして知られている。年によって審査部門が変わるのが特徴で、今年はクラリネット、チェロ、ファゴット、打楽器の4部門が行われている。3人で行われた本選で、ショスタコービッチの作品をオーケストラと演奏した。

写真:Internationaler Musikwettbewerb der ARD / Daniel Delang


関連記事

  1. ニコシア発 〓 ギュンター・ノイホルトがキプロス響の芸術監督に

  2. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  4. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレの芸術監督に演出家のイヴォ・ヴァン・ホーヴェ

  5. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団の「マーラー・フェスティバル」は2023年に仕切り直し

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  7. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  8. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  10. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  11. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  12. ハンブルク発 〓 新制作《後宮からの逃走》で演出家が交代、ハンブルク州立オペラ

  13. コブレンツ発 〓 ライン州立フィルの首席指揮者にベンジャミン・シュウォーツ

  14. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  15. ドレスデン発 〓 モーリッツブルク音楽祭が開幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。