デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

2021/12/22

ドイツ・デュッセルドルフの旧市街にある作曲家ロベルト・シューマンの旧居の改修工事が始まったと、市が発表した。工事は旧居を博物館化するための改修工事で、513万ユーロ(日本円約6億5000万円)をかけ、2022年秋の完成予定という。

シューマンの旧居は、ビルカー通り(Bilker Str)にある3階建てのアパートメントの3階。シューマンは1850年年9月、デュッセルドルフの街の音楽監督になるためドレスデンから転居してきて、1852年9月1日からこの部屋に住んだ。

その後、自殺を図ってボン近郊の病院に入院する1854年3月までこの部屋に妻のクララ、家族と住み、最後の住処となった。この部屋でチェロ協奏曲、交響曲第3番《ライン》、ヴァイオリン・ソナタ第1番、ピアノ三重奏曲第3番などの作品を書いている。

写真:Städtischer Musikverein Zu Düsseldorf / Manfred Hill


関連記事

  1. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  2. 訃報 〓 カミラ・ウィックス(92)米国のヴァイオリン奏者

  3. ベルン発 〓 スイスは1,000人以上のイベントを禁止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  4. マドリード発 〓 あのエムバペが来秋、フルート奏者としてスペインでコンサート・デビュー

  5. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  6. モスクワ発 〓 パヴェル・コーガンがモスクワ国立響の芸術監督と首席指揮者を辞任、ウクライナ侵略受けて

  7. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  8. ミラノ発 〓 スカラ座博物館で巨匠演出家フランコ・ゼッフィレッリの回顧展がスタート

  9. ボン発 〓 ディルク・カフタン指揮のボン・ベートーヴェン管がベートーヴェンの交響曲第10番を世界初演

  10. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  11. 訃報 〓 アンナー・ビルスマ(85)オランダのチェロ奏者

  12. キーウ発 〓 ウクライナ国立オペラがオペラ上演を再開

  13. マドリード発 〓 マルゼナ・ディアクンが来シーズンからマドリード州立管の芸術監督に

  14. サンクト・ペテルブルク発 〓 ネトレプコ、「白夜の星音楽祭」に出演

  15. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。