デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

2021/12/22

ドイツ・デュッセルドルフの旧市街にある作曲家ロベルト・シューマンの旧居の改修工事が始まったと、市が発表した。工事は旧居を博物館化するための改修工事で、513万ユーロ(日本円約6億5000万円)をかけ、2022年秋の完成予定という。

シューマンの旧居は、ビルカー通り(Bilker Str)にある3階建てのアパートメントの3階。シューマンは1850年年9月、デュッセルドルフの街の音楽監督になるためドレスデンから転居してきて、1852年9月1日からこの部屋に住んだ。

その後、自殺を図ってボン近郊の病院に入院する1854年3月までこの部屋に妻のクララ、家族と住み、最後の住処となった。この部屋でチェロ協奏曲、交響曲第3番《ライン》、ヴァイオリン・ソナタ第1番、ピアノ三重奏曲第3番などの作品を書いている。

写真:Städtischer Musikverein Zu Düsseldorf / Manfred Hill


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  2. ベルリン発 〓 ウクライナのオデッサ・フィルがベルリン音楽祭に出演

  3. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  4. ブカレスト発 〓 ブカレスト国立オペラの芸術監督にイスラエルの指揮者エイタン・シュマイザー

  5. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  6. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  7. シカゴ発 〓 指揮者のマリン・オールソップがラヴィニア音楽祭との契約を延長

  8. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョのトップ3が相次いで辞任

  9. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの次期音楽総監督にジェームズ・ガフィガン、カペルマイスターには八嶋恵利奈

  10. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  11. ベルリン発 〓 ドイツの演出家クラウス・グートがロシアの「ゴールデン・マスク賞」の受賞を拒否

  12. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  13. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  14. 訃報 〓 テレサ・ベルガンサ, スペインのメゾ・ソプラノ歌手

  15. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。