シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/27

ドイツのシュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。シュトゥットガルト州立オペラは、バーデン=ヴュルテンベルク州立のオペラ・カンパニーで、シュトゥットガルトにある州立劇場を本拠地にしている。

新シーズンの開幕を飾るのは、戦後は東ドイツで活躍した故パウル・デッサウの《ルクルスの断罪》。ブレヒトの原作をオペラ化した作品で、上演される機会が少ない。

州立オペラがワーグナー《ニーベルングの指環》全4部作の新制作に取り組むのも話題の一つで、新シーズンには《ラインの黄金》と《ワルキューレ》が登場する。新演出を手掛けるのは、シュテファン・キミッヒで、指揮はコルネリウス・マイスター。

11月1日 – 20日
デッサウ《ルクルスの断罪》
[出演]ゲアハルト・ジーゲル / フリーデマン・レーリヒ / アリーナ・アダムスキー / トルステン・ホフマン / エリオット・カールトン・ハインズ / マリア・テレサ・ウルリヒ / フィリップ・ニクラウス / ハインツ・ゲーリヒ / ジャスパー・リーヴァー
[指揮]ベルンハルト・コンタルスキー
[演出]Franziska Kronfoth / Julia Lwowski

11月21日 – 12月19日
ワーグナー《ラインの黄金》
[出演]ゴラン・ユーリッチ / パヴェウ・コーニク / マティアス・クリンク / リー・メルローズ / エルマル・ ギルベルトソン / デヴィッド・シュテフェンス / アダム・パルカ / レイチェル・ウィルソン / エスター・ディールケス / シュティーネ・マリー・フィッシャー / イーダ・レンスレーヴ / アイタージュ シュカリザーダ
[指揮]コルネリウス・マイスター
[演出]シュテファン・キミッヒ

2022年1月16日 – 3月12日
ヴィヴァルディ《勝利のユディータ》
[出演]シュティーネ・マリー・フィッシャー / ディアナ・ハラー / ガイア・ペトローネ / アレクサンドラ・ウルキオラ / レイチェル・ウィルソン
[指揮]未定
[演出]シルヴィア・コスタ

2月6日 – 4月3日
フンパーディンク《ヘンゼルとグレーテル》
[出演]ジョセフィン・フェイラー / イーダ・レンスレーヴ / ロジー・オールドリッジ / 石野繁生 / カトリオーナ・スミス / クラウディア・ムスキオ
[指揮]アレヴティナ・ヨッフェ
[演出]アクセル・ラーニッシュ

4月10日 – 5月2日
ワーグナー《ワルキューレ》
[出演]オッカ・フォン・デル・ダメラウ / ミヒャエル・ケーニヒ / ブライアン・ムリガン
アニカ・シューリヒト / エスター・ディールケス / カトリオーナ・スミス / マリア・テレサ・ウルリヒ / シュティーネ・マリー・フィッシャー
[指揮]コルネリウス・マイスター
[演出]シュテファン・キミッヒ

6月4日 – 7月2日
ドボルザーク《ルサルカ》
[出演]デヴィッド・ジョンフン・キム / エスター・ディールケス / ゴラン・ユーリッチ / カティア・レドゥー / トルステン・ホフマン
[指揮]オクサーナ・リーニフ
[演出]バスティアン・クラフト

7月21日 – 27日
シューマン《ゲーテの『ファウスト』の情景》
[出演]ジョセフィン・フェイラー / シュティーネ・マリー・フィッシャー / カイ・クルーゲ / ジャレット・オット
[指揮]アンドレ・デ・リッダー
[演出]マルコ・ストーマン

写真:Staatsoper Stuttgart


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の終了を発表

  3. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  4. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  5. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  6. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. コペンハーゲン発 〓 ルイージがデンマーク放送響との契約延長

  8. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  9. ヴェルビエ発 〓 音楽祭が緊急救援基金起ち上げ、コロナ禍で苦境のフリー・アーティストに支援金

  10. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  11. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの楽団員が基本給の25%カットに同意

  12. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  13. パリ発 〓 マクロン大統領が3回目となる全国的なロックダウンを宣言

  14. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  15. ウルム発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にフェリックス・ベンダー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。