ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/03/16
【最終更新日】2018/08/21

ベルリン州立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden)が15日、2018/2019シーズンのラインナップを発表した。 州立歌劇場は昨年2017年9月、2010年からの大改修工事が終わって再開場したばかり。今シーズンから新しい施設、設備をフルに使ったラインナップが組まれる。また、総裁のユルゲン・フリム(JürgenFlimm)の最後のシーズンともなる。次期総裁はマティアス・シュルツ(Matthias Schulz)で、引き継ぎのため4月1日から着任の予定。

■セビリアの理髪師
 指揮:ステファーノ・ランザーニ / 演出:ルース・ベルクハウス

■ドン・ジョヴァンニ
 指揮:ラハフ・シャニ / 演出;クラウス・グート

■エレクトラ
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:パトリス・シェロー

■ファルスタッフ
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:マリオ・マルトーネ

■フィデリオ
 指揮:カール・ハインツ・シュテフェンス / 演出:ハリー・クプファー

■影のない女
 指揮:シモーネ・ヤング / 演出:クラウス・グート

■魔弾の射手
 指揮:マルク・ミンコフスキ / 演出:ミヒャエル・タールハイマー

■ヘンゼルとグレーテル
 指揮:クリストファー・モールズ / 演出:アヒム・フライヤー

■イポリートとアリシ
 指揮:サイモン・ラトル / 演出:アレッタ・コリンズ

■ポッペアの戴冠
 指揮:ディエゴ・ファソリス / 演出:エヴァ=マリア・ホェックマイア

■マクベス
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:ハリー・クプファー

■メデア
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:アンドレア・ブレス

■ニュルンベルクのマイスタージンガー
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:アンドレア・モーゼス

■フィガロの結婚
 指揮:アレッサンドロ ・デ・マルキ / 演出:ユルゲン・フリム

■オルフェオ
 指揮:レオナルド・ ガルシア・アラルコン / 演出:サシャ・ヴァルツ

■ペレアスとメリザンド
 指揮:マキシム・パスカル / 演出:ルース・ベルクハウス

■リゴレット
 指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ / 演出:バートレット・シャー

■トスカ
 指揮:ドミンゴ・インドヤン / 演出:アルヴィス・ヘルマニス

■椿姫
 指揮:マッシモ・ザネッティ / 演出:ディーター・ドルン

■トリスタンとイゾルデ
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:ドミトリー・チェルニャコフ

■イル・トロヴァトーレ
 指揮:ウンソン・キム / 演出:フィリップ・シュテルツル

■魔笛
 指揮:フランツ・ウェルザー=メスト / 演出:ユヴァル・シャローン


    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. シカゴ発 〓 ムーティ、ストライキの現場へ

  2. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴのセクハラ疑惑に対応二分

  3. モスクワ発 〓 第16回チャイコフスキー国際コンクールが閉幕、藤田真央がピアノ部門で2位に

  4. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 アルゲリッチがコンツェルトハウスの名誉会員に

  6. マールボロ音楽祭 〓 ピアノのジョナサン・ビスが内田光子と共同芸術監督に

  7. ブリュッセル発 〓 フィラデルフィア管弦楽団の演奏会が中断、パレスティナ擁護の叫びで

  8. 山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

  9. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  10. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  11. ストックホルム発 〓 今年の“ノーベル賞の指揮者”にフィンランドのダリア・スタセヴスカ

  12. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  13. ワシントン発 〓 女性9人がドミンゴのセクハラを告発

  14. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  15. アムステルダム発 〓 ガッティがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と和解

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。