ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラ、2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/03/16
【最終更新日】2021/12/07

ベルリン州立オペラ(Staatsoper Unter den Linden)が15日、2018/2019シーズンのラインナップを発表した。 州立歌劇場は昨年2017年9月、2010年からの大改修工事が終わって再開場したばかり。今シーズンから新しい施設、設備をフルに使ったラインナップが組まれる。また、芸術総監督(インテンダント)のユルゲン・フリム(JürgenFlimm)の最後のシーズンともなる。後任はマティアス・シュルツ(Matthias Schulz)で、引き継ぎのため4月1日から着任の予定。

■セビリアの理髪師
 指揮:ステファーノ・ランザーニ / 演出:ルース・ベルクハウス

■ドン・ジョヴァンニ
 指揮:ラハフ・シャニ / 演出;クラウス・グート

■エレクトラ
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:パトリス・シェロー

■ファルスタッフ
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:マリオ・マルトーネ

■フィデリオ
 指揮:カール・ハインツ・シュテフェンス / 演出:ハリー・クプファー

■影のない女
 指揮:シモーネ・ヤング / 演出:クラウス・グート

■魔弾の射手
 指揮:マルク・ミンコフスキ / 演出:ミヒャエル・タールハイマー

■ヘンゼルとグレーテル
 指揮:クリストファー・モールズ / 演出:アヒム・フライヤー

■イポリートとアリシ
 指揮:サイモン・ラトル / 演出:アレッタ・コリンズ

■ポッペアの戴冠
 指揮:ディエゴ・ファソリス / 演出:エヴァ=マリア・ホェックマイア

■マクベス
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:ハリー・クプファー

■メデア
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:アンドレア・ブレス

■ニュルンベルクのマイスタージンガー
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:アンドレア・モーゼス

■フィガロの結婚
 指揮:アレッサンドロ ・デ・マルキ / 演出:ユルゲン・フリム

■オルフェオ
 指揮:レオナルド・ ガルシア・アラルコン / 演出:サシャ・ヴァルツ

■ペレアスとメリザンド
 指揮:マキシム・パスカル / 演出:ルース・ベルクハウス

■リゴレット
 指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ / 演出:バートレット・シャー

■トスカ
 指揮:ドミンゴ・インドヤン / 演出:アルヴィス・ヘルマニス

■椿姫
 指揮:マッシモ・ザネッティ / 演出:ディーター・ドルン

■トリスタンとイゾルデ
 指揮:ダニエル・バレンボイム / 演出:ドミトリー・チェルニャコフ

■イル・トロヴァトーレ
 指揮:ウンソン・キム / 演出:フィリップ・シュテルツル

■魔笛
 指揮:フランツ・ウェルザー=メスト / 演出:ユヴァル・シャローン


    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  2. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  3. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  4. フランクフルト発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にトーマス・グガイス、セバスティアン・ヴァイグレの後任

  5. ミュンヘン発 〓 ゲルトナープラッツ劇場のジェニファー・オローリン、ルシアン・クラスネクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  6. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  8. ベルリン発 〓 ペトレンコとベルリン・フィルもウクライナへの連帯を表明

  9. ハンブルク発 〓 シルヴァン・カンブルランが首席指揮者を務めるハンブルク響との契約を延長

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

  11. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  12. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  13. ベルリン発 〓 大統領主催のウクライナのための連帯コンサートの指揮者に沖澤のどか。急病のペトレンコの代役で

  14. ボン発 〓 ベートーヴェン国際ピアノ・コンクールは予定通り12月開催

  15. ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2021/2022」を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。