ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

2019/09/05
【最終更新日】2019/10/17

第2回「オーパス・クラシック賞=The OPUS KLASSIK Award」の受賞作が発表された。「オーパス・クラシック賞」は昨年、「エコー賞」を受け継ぐ形で創設された録音に対する賞。今年から新たに「今年の作曲家」、「今年の革新的なコンサート」、「今年のビデオ・クリップ」の3部門が追加されて都合24部門で選考が行われ、45人のアーティストが受賞した。授賞式は10月13日にベルリンのコンツェルトハウスで行われる。

前身の「エコー賞」は1992年、1963年創設の「ドイツ・レコード賞」を受け継いで創設された賞で、米国のグラミー賞に準ずるドイツで最も権威のある録音賞と見なされてきた。しかし一昨年、ポップス部門で受賞したラップ・グループの曲に反ユダヤ主義的な歌詞が含まれることに多くの音楽家が猛反発、賞自体が廃止を余儀なくされ、クラシック部門だけを切り離した格好で「オーパス・クラシック賞」が創設された。主な受賞者は以下の通り。

 [今年の作曲家]イェルク・ヴィトマン
 [今年の革新的なコンサート]ベネディクト・クリスチャンソン(テノール)
 [今年のビデオ・クリップ]「エリーゼ」=ラン・ラン(ピアノ)
 [今年の指揮者]パーヴォ・ヤルヴィ
 [今年の歌手]ジョイス・ディドナート(ソプラノ), クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン)
 [今年の器楽演奏家]イゴール・レヴィット(ピアノ), ソル・ガベッタ(チェロ), アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)
 [今年の若手演奏家]エメーケ・バラート(ソプラノ), ナディーン・シエラ(ソプラノ), クリストフ・ズィーツェン(マリンバ), コンスタンティン・ラインフェルド(ハーモニカ)

写真:Visit Berlin

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  2. ミュンヘン発 〓 ゲルトナープラッツ州立劇場の次期首席指揮者にアルゼンチン出身のルベン・ドゥブロフスキー

  3. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー, 英国の演出家

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  5. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  6. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがコンサート形式による《マゼッパ》をストリーミング配信

  8. ハンブルク発 〓 「ドイツ・グラモフォン」がブルース・リューと独占録音契約

  9. ドルトムント発 〓 市立オペラがガブリエル・フェルツとの契約を延長

  10. フランクフルト発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にトーマス・グガイス、セバスティアン・ヴァイグレの後任

  11. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  12. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  13. ミュンヘン発 〓 作曲家ワーグナーの曾孫、エヴァ・ワグナー・パスキエが退院

  14. 訃報 〓 グウェンドリン・キルブリュー, アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

  15. ベルリン発 〓 ジョン・ウィリアムズ、2月で90歳。ベルリン・フィルとのライブ・アルバムのリリースあり、ケネディ・センターでは3日間のフェスティバルも

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。