ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

2019/09/05
【最終更新日】2019/10/17

第2回「オーパス・クラシック賞=The OPUS KLASSIK Award」の受賞作が発表された。「オーパス・クラシック賞」は昨年、「エコー賞」を受け継ぐ形で創設された録音に対する賞。今年から新たに「今年の作曲家」、「今年の革新的なコンサート」、「今年のビデオ・クリップ」の3部門が追加されて都合24部門で選考が行われ、45人のアーティストが受賞した。授賞式は10月13日にベルリンのコンツェルトハウスで行われる。

前身の「エコー賞」は1992年、1963年創設の「ドイツ・レコード賞」を受け継いで創設された賞で、米国のグラミー賞に準ずるドイツで最も権威のある録音賞と見なされてきた。しかし一昨年、ポップス部門で受賞したラップ・グループの曲に反ユダヤ主義的な歌詞が含まれることに多くの音楽家が猛反発、賞自体が廃止を余儀なくされ、クラシック部門だけを切り離した格好で「オーパス・クラシック賞」が創設された。主な受賞者は以下の通り。

 [今年の作曲家]イェルク・ヴィトマン
 [今年の革新的なコンサート]ベネディクト・クリスチャンソン(テノール)
 [今年のビデオ・クリップ]「エリーゼ」=ラン・ラン(ピアノ)
 [今年の指揮者]パーヴォ・ヤルヴィ
 [今年の歌手]ジョイス・ディドナート(ソプラノ), クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン)
 [今年の器楽演奏家]イゴール・レヴィット(ピアノ), ソル・ガベッタ(チェロ), アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)
 [今年の若手演奏家]エメーケ・バラート(ソプラノ), ナディーン・シエラ(ソプラノ), クリストフ・ズィーツェン(マリンバ), コンスタンティン・ラインフェルド(ハーモニカ)

写真:Visit Berlin

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 8月末からのミュンヘン国際音楽コンクールも中止

  2. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  3. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送交響楽団との契約を延長

  4. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  5. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  6. ベルリン発 〓 ダニエル・スタブラヴァの退団を発表、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  7. ドレスデン音楽祭 〓 「グラスヒュッテ音楽祭賞」の授与式をオンライン上で、ハンニガンと結んで

  8. バーデン=バーデン発 〓 復活祭音楽祭の開催を断念

  9. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  10. ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

  11. SWRシュヴェツィンゲン音楽祭 〓 5月開催を10月開催に延期

  12. ヴィースバーデン発 〓 ドイツのヘッセン州政府が4月初めまでの州立劇場閉鎖を発表

  13. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  14. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが11月のヨーロッパ・ツアーを中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。