訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

2019/09/05
【最終更新日】2019/10/17

フランスの作曲家イヴォ・マレク(Ivo Malec)がパリで亡くなった。亡くなったのは14日で、94歳だった。「ミュジック・コンクレート」グループの一員として、電子音響音楽の制作に取り組んだことで知られ、1972年から1990年までパリ国立高等音楽院の作曲科教授。1992年にフランス音楽グランプリ(1959年創設)を受賞。 新作を2000年まで発表していた。2006年、「レジオンドヌール勲章」シュヴァリエ章を受賞している。

マレクは1925年、旧ユーゴスラビア・クロアチア共和国の首都ザグレブ生まれ。ザグレブでクラシック音楽を学んだ後、戦後1955年にパリに転居、国立高等音楽院で学んだ。在学中の1959年、グループに参加。背景には、ピエール・アンリと並び、その創始者として知られるピエール・シェフェールとの出会いがある。「ミュジック・コンクレート」は「具体音楽」とも訳され、無機質な録音された音を使って音楽を製作する手法。

写真:YouTube / PolymediaTV

関連記事

  1. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  2. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  3. 訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール, フランスのソプラノ歌手

  4. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  5. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  6. パリ発 〓 パリ国立オペラが新制作の《アイーダ》をストリーミング配信

  7. パリ発 〓 パリ国立オペラのトップ交代は9月に前倒し

  8. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  9. 訃報 〓 ガブリエル・バキエ, フランスのバリトン歌手

  10. パリ発 〓 フランス政府が文化施設の閉鎖を5月19日に解除

  11. パリ発 〓 マイケル・バレンボイムがミケランジェロ弦楽四重奏団のメンバーに、今井信子の後任

  12. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  13. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  14. パリ発 〓 マクロン大統領が3回目となる全国的なロックダウンを宣言

  15. リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。