訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

2019/09/05
【最終更新日】2019/10/17

フランスの作曲家イヴォ・マレク(Ivo Malec)がパリで亡くなった。亡くなったのは14日で、94歳だった。「ミュジック・コンクレート」グループの一員として、電子音響音楽の制作に取り組んだことで知られ、1972年から1990年までパリ国立高等音楽院の作曲科教授。1992年にフランス音楽グランプリ(1959年創設)を受賞。 新作を2000年まで発表していた。2006年、「レジオンドヌール勲章」シュヴァリエ章を受賞している。

マレクは1925年、旧ユーゴスラビア・クロアチア共和国の首都ザグレブ生まれ。ザグレブでクラシック音楽を学んだ後、戦後1955年にパリに転居、国立高等音楽院で学んだ。在学中の1959年、グループに参加。背景には、ピエール・アンリと並び、その創始者として知られるピエール・シェフェールとの出会いがある。「ミュジック・コンクレート」は「具体音楽」とも訳され、無機質な録音された音を使って音楽を製作する手法。

写真:YouTube / PolymediaTV

関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  2. パリ発 〓 国立オペラのリスナー総裁が新制作のキャンセルに言及、長引くストライキの影響で

  3. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  4. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  5. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  6. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  8. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  9. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  10. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  11. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  13. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  14. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  15. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。